格安SIMのイオンモバイル、「050かけ放題サービス」を開始! | RBB TODAY

格安SIMのイオンモバイル、「050かけ放題サービス」を開始!

IT・デジタル モバイル

記者説明会に登壇するイオンリテール デジタル事業部 事業部長の橋本昌一氏
  • 記者説明会に登壇するイオンリテール デジタル事業部 事業部長の橋本昌一氏
  • イオンモバイルでは、26日より「050かけ放題サービス」を開始する
  • 大手キャリアとMVNOのSIMを併売してきた結果、格安SIMサービスの利用が増加した
  • 「050かけ放題サービス」の特徴
  • 「050かけ放題サービス」の特徴
  • 「050かけ放題サービス」の特徴
  • 高スペックなエントリーモデル「ZTE BLADE E01」。販売価格は17,800円
  • 高スペックなエントリーモデル「ZTE BLADE E01」。販売価格は17,800円
 イオンリテールが展開するイオンモバイルでは、26日より「050かけ放題サービス」を開始する。月額1,500円(税別、以下同)のIP電話サービスで、音声通話が24時間、回数無制限で利用できる。

 記者説明会にはイオンリテール デジタル事業部の橋本昌一氏が登壇した。同サービスは、イオンモバイルSIMの利用者を対象にしたIP電話サービス。イオンモバイルオプションサービス「050かけ放題サービス」に申し込みのうえ、専用アプリ「050 IP電話」から発信することで24時間、回数無制限で音声通話が利用できる。データプランを含む全てのプラン(音声プラン、データプラン、シェア音声プラン)で利用できる。例えば「データ1GBプラン 月額480円」で利用すれば、480円+1500円=1,980円でネットができるうえ、IP電話がかけ放題になる。

 イオン213店舗では、大手キャリアとMVNOのSIMを併売してきた。その結果、格安SIMサービスの利用が増加しており、「非常に手応えを感じている」(橋本氏)状況だという。一方で、利用者からは「通信費だけでなく音声電話も安くしたい」という要望も多く寄せられた。「接客を通じて、“通話し放題のプランがあったら良いのに”という声を売り場でお聞きするようになった」と橋本氏。

 イオンモバイルでは、音声回線の使い方についても市場調査している。それによると、消費者の4割くらいは「通話時間を気にせずに電話したい」との結果が出た。今回のサービスは、こうしたニーズをとらえたもの。契約者には050で始まる電話番号が付与される。国内固定電話、携帯電話・PHS、国内IP電話への音声発信が利用可能。110、119などの緊急通話には対応しておらず、また海外への通話はできない。複数のSIMを契約するシェアプランでも利用できる。この場合、発信は050で始まる番号となり、相手からの電話は最後に発信したSIMにかかる仕様だという。イオン213店舗で取り扱うほか、イオンデジタルワールド(オンラインショップ)での申し込みなどに対応している。
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top