『サイボーグ009』、オリジナルストーリー&フル3DCGで年末劇場上映 | RBB TODAY

『サイボーグ009』、オリジナルストーリー&フル3DCGで年末劇場上映

エンタメ 映画・ドラマ

(c)2016 「CYBORG009」製作委員会
  • (c)2016 「CYBORG009」製作委員会
  • (c)2016 「CYBORG009」製作委員会
 『サイボーグ009』が、完全オリジナルストーリーのフル3DCGアニメーションで、11月25日から『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』として劇場公開される。全3章完結、第1章は11月25日(金)~12月8日(木)、第2章は12月2日(金)~12月15日(木)、第3章は12月9日(金)~12月22日(木)と各章2週間限定で上映する。

 総監督は『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズで知られる神山健治、監督を『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』の柿本広大、キャラクターデザインを『楽園追放 -Expelled from Paradise-』の齋藤将嗣が担当となっている。

 監督の柿本氏は「石ノ森章太郎先生が生み出された「サイボーグ009」を、神山健治総監督をはじめ制作スタッフ全員で形にできることをとても光栄に思います。本作ではビジュアルを一新したゼロゼロナンバーサイボーグ達が、新たな敵と出会い、新たな物語を紡いでいくことになりますが、彼らがこれまでの作品で歩んできた道のりにつながり、またこれから先に続いていく道のりの一部になれるよう、全力で完成に向けて頑張りたいと思います」とコメントしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top