企業のIoT化を支援!ニフティのクラウド利用の新サービス | RBB TODAY

企業のIoT化を支援!ニフティのクラウド利用の新サービス

IT・デジタル その他

「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」は、IoTサービスに必要な各種機能をクラウド上で提供する「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」の一機能として提供される(画像はプレスリリースより)
  • 「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」は、IoTサービスに必要な各種機能をクラウド上で提供する「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」の一機能として提供される(画像はプレスリリースより)
  • デバイスのIoT化やその管理、データを収集するためのシステム構築には多大な時間と工数が必要となる。本サービスはそれらのコストを削減する(画像は公式Webサイトより)
 ニフティは29日、同社が提供するクラウドサービス「ニフティクラウド」の新サービスとして、IoT化されたデバイスを管理する機能をクラウド上で提供する「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版を公開した。正式版に関しては今秋に提供が予定されている。

 「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」は、ニフティクラウドを介して、デバイスと管理者側をつなぎ、データ収集やデバイス管理をクラウド上で実現することができるサービス。

 提供される機能としては、各デバイスに組み込むSDK、IoTデバイスを管理する機能、IoTデバイスに紐づくユーザーを管理する機能、スマホアプリやWebアプリを管理する機能、デバイスなしでデータ送受信テストシミュレートできる機能、「ニフティクラウド」の各種コンポーネントや外部サービスと連携させる機能で構成される。

 また別途開発したアプリケーションを用いて、認識したデバイスからオン/オフ情報や画像データなど、さまざまなデータを収集し、得られたデータをもとにデバイスを制御するといったことも可能だ。

 同サービスを利用することで、企業は独自にIoT化を進める際のシステム構築にかかっていたコストや構築期間、工数を大幅に削減できるとしている。

 なお、同サービスはIoTサービスに必要な各種機能をクラウド上で提供する「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」の一機能として提供される。同プラットフォームは同サービスの正式版に加え、データの可視化といった機能の拡充も予定。

 トライアルα版の利用料金は初期費用、月額費用ともに無料。正式版の料金はサービス開始時に公表される。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top