ポイント・クレカ・電子マネーを集約するアプリ「スマホサイフ」、CCCが7月から提供へ | RBB TODAY

ポイント・クレカ・電子マネーを集約するアプリ「スマホサイフ」、CCCが7月から提供へ

IT・デジタル モバイル

「スマホサイフ」アプリ画面イメージ
  • 「スマホサイフ」アプリ画面イメージ
  • 参加予定ブランド
 飲食店や雑貨店で発行される「ポイントカード」や「スタンプカード」、そして「クレジットカード」「キャッシュカード」さらには「電子マネーカード」など。いずれも便利だが、ちょっと油断していると、あっという間に財布がふくらんでしまう。

 こうした状況に対し、スマートフォンに電子マネー機能を持たせるおサイフケータイをはじめ、スマホにキャッシュ機能やポイントサービスを移行する取り組みも進んでいるが、これも結局は複数アプリが必要になるなど、根本的な解決にはなっておらず、むしろ複雑に感じている人も多いだろう。

 こうした状況に対し、Tポイントを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)子会社のCCCマーケティングが、共通プラットフォーム「スマホサイフ」を、7月20日より展開することが明らかとなった。

 「スマホサイフ」は、ポイントカード・スタンプカード、クレジットカード、電子マネー、キャッシュカードを、1つのアプリに集約できるサービスだ。財布の中のさまざまなカードを「スマホサイフ」アプリに集約することができ、店頭でバーコードやQRコードなどを提示することで、従来のままのサービスを、受けることができるという。ポイントだけでなく、決済にも対応し、残高や利用履歴もアプリで確認可能だ。

 スタート時点の提携企業・提携ポイントとしては、「Tポイント」提携企業に加え、モスバーガー、日比谷花壇、ライトオン、アメリカンイーグル、GAP、ユナイテッドアローズ(ブランド検討中)などの名前が上がっている。またJCBも参加。電子マネーとして、QUICPayに対応する。とりあえず今後、これら企業のポイントカード、電子マネーは、1つのアプリに集約できるわけで、かなり財布が軽くできることが期待される。

 CCCは引き続きあらゆる業種業態で、提携を図る方針だ。なお提携企業向けには、クーポンなどの情報配信によるCRM機能、「スマホサイフ」アプリを通じた新規顧客送客などの機能を提供するとしており、ユーザー側の利便性向上もありそうだ。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top