日本通信、Huawei製「低価格」スマートフォン「IDEOS」発表 | RBB TODAY

日本通信、Huawei製「低価格」スマートフォン「IDEOS」発表

IT・デジタル スマートフォン
Android OS 2.2を搭載したHuawei製のスマートフォン端末「IDEOS」
  • Android OS 2.2を搭載したHuawei製のスマートフォン端末「IDEOS」
  • 「b-mobileSIM U300」
 日本通信は22日、Android OS 2.2を搭載したHuawei製のスマートフォン端末「IDEOS」を、今週末より発売すると共に、同端末向けに050ベースのモバイルIP電話を2011年1月中旬よりサービス開始すると発表した。

 「IDEOS」は100gという、スマートフォンとして最軽量のサイズのSIMロックフリー端末。モバイルWi-Fiルータ機能を使用できるテザリング機能を搭載し、メールやWeb、Androidアプリの利用も可能。

 同端末には、10日間の定額データ通信ができる「b-mobileSIM U300」が付属して26,800円(税込)。購入時の本人確認手続きや契約手続きは不要で、PC/家電量販店、eコマース・サイトなどで購入できる。

 また通話サービスとして、来年1月中旬から提供される、050ベースのモバイルIP電話ーサービスが用意される。月々の通話基本料は490円(15分間の通話料含む)、30秒あたり10円(国内の携帯・固定宛)となる。ただし同サービス利用にあたっては、本人確認手続きなどが必要となる。これにより定額データ通信とモバイルIP電話の通話基本料を合わせても月額負担が2,973円、これに15分を超える通話料として30秒あたり10円と、他のスマートフォンと比べて低価格での利用が可能になる。

 日本通信は、同製品・サービスの発表にあたり、より低価格で端末や通信サービスを提供することにより、国内でのはスマートフォンのさらなる普及を目指すとコメント。そのための取り組みとして、次の3点をあげている。「普及価格帯グローバル製品の日本市場への投入」、「定額データ通信を、スマートフォン向けに低価格で提供」、「スマートフォン通話料を他社の半額で提供するためにモバイルIP電話を投入」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top