【連載・今週の中古スマホ】ドコモ版 iPhone 5s 32GB、買取は21,800円から! | RBB TODAY

【連載・今週の中古スマホ】ドコモ版 iPhone 5s 32GB、買取は21,800円から!

IT・デジタル モバイル

iPhone 5s
  • iPhone 5s
  • スマホの“販売”数量ランキング
  • スマホの“買取”数量ランキング
  • 新品SIMフリー端末 販売数量ランキング
 スマートフォンの「実質0円」による販売が禁止になったことで、中古スマホ市場がにわかに活気づいている。そこで、中古携帯電話・スマホ・タブレットの販売・買取を行う「ゲオ」の最新ランキングをチェックしてみた。

 本稿で紹介するデータは、北海道から沖縄まで日本全国に展開しているゲオのデータを集約したもの。調査期間は6月13日から19日までの1週間である(データ提供:株式会社ゲオ)。

■“販売”数量ランキングは?

 まずは中古スマホの販売数量ランキングから見ていこう。NTTドコモでは第1位が「iPhone 5s 32GB」、第2位が「iPhone 5s 16GB」、第3位が「Xperia A SO-04E」、第4位が「iPhone 5s 64GB」、第5位が「GALAXY S4 SC-04E」という順位となった。

 2013年秋に発売されたiPhone 5sがよく売れるなか、Xperia Aも3位に食い込む健闘。ちなみに5位~10位は「GALAXY SIII SC-06D」、「Xperia acro HD SO-03D」、「ARROWS X LTE F-05D」、「ARROWS X F-02E」、「Xperia AX SO-01E」となっており、2011年から2013年5月までに発売されたAndroid勢が占めた。

 中古良品の「中古A」の販売価格では1位、2位、4位のiPhone 5sがいずれも2万円以上の高値。それに対し3位、5位~10位のAndroidスマートフォンはいずれも1万円台かそれ以下となっている。人気のiPhoneか、安く買えるAndroidか。購入を前にして決断に迷う消費者の姿が見えてくるようだ。

 auでは第1位が「iPhone 5 16GB」、第2位が「iPhone 5 32GB」、第3位が「iPhone 5s 16GB」、第4位が「iPhone 5s 32GB」、第5位が「iPhone 5 64GB」。auスマホでは6位の「Xperia Z1 SOL23」をのぞくと、10位までのうち9機種がiPhoneという結果になった。

 ドコモと比較すると、auのランキングはiPhoneだらけという印象だ。何故だろうか。ドコモがiPhoneの取り扱いを開始したのはiPhone 5s/ 5c(2013年)から。それに対しauではiPhone 4S(2011年)から取り扱っている。このため、auユーザーには好きなiPhoneを選べる自由がある。こうした事情がランキングに影響していると見ることができるだろう。

 ソフトバンクでは第1位が「iPhone 5 16GB」、第2位が「iPhone 5 32GB」、第3位が「iPhone 5s 16GB」、第4位が「iPhone 4S 16GB」、第5位が「iPhone 5s 32GB」。これはauスマホのランキング1位~5位とほぼ同じである。ちなみにソフトバンクでは1位から10位までをiPhoneが独占した。ソフトバンクにおけるユーザーの割合から考えて、これは至極当然の結果と言える。





>>ランキングを詳しく見る<<

《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top