【ショールーム探訪#007】AI防犯ロボットカメラの各機能を体感 | RBB TODAY

【ショールーム探訪#007】AI防犯ロボットカメラの各機能を体感

IT・デジタル セキュリティ

ショールームツアーのコンダクターを務めるため、EE(Earth Eyes)ガールズと命名された同社新入社員の澤登舞美さんと飯島律子さんのお二人(撮影:防犯システム取材班)
  • ショールームツアーのコンダクターを務めるため、EE(Earth Eyes)ガールズと命名された同社新入社員の澤登舞美さんと飯島律子さんのお二人(撮影:防犯システム取材班)
  • ショールーム内の店舗コーナー。他にも玄関や寝室などをイメージしたコーナーもあり、「アースアイズ」の各機能を体感できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 永久磁石を使って窓ガラスに挟み込む形での設置も可能。磁石は非常に強力なもので、強風などでも簡単に外れるようなことはない(撮影:防犯システム取材班)
  • 磁石を使った設置以外では、フィクサー(固定具)を使って壁や天井に設置することも可能。設置業者に依頼することになる(撮影:防犯システム取材班)
  • 3D画像処理技術による測距機能のデモンストレーションを搭載。近いところは赤く、遠いところは青く表示されている。カメラの画角は180度と広角だ(撮影:防犯システム取材班)
  • 不審な動きをAIが判断し、「注意」は黄色、「警告」は赤枠で表示。1画面に最大16台のカメラ映像を表示でき、検知時には検知画面がポップアップする(撮影:防犯システム取材班)
  • 顔認証機能のデモ。要注意人物などを登録しておけば、アースアイズが検知したら即座に知らせるといった使い方もできる(撮影:防犯システム取材班)
  • 音源探知機能のデモ。ガラスが割れる音、人間の悲鳴、クルマの衝突音などを聞き分け、音が聞こえた方向にカメラをフォーカスさせることもできる。臭覚センサーや温度識別センサーも次世代モデルから搭載される予定(撮影:防犯システム取材班)
 セキュリティ関連機器を扱う企業の多くは、ショールームを持っていることが多いが、基本的に一般に開放していることが少なく、エンドユーザーはなかなか見に行くチャンスが少ないのが実情……。そこで本連載では、一般のエンドユーザーに代わって企業のショールームを訪問し、各企業の特長や技術を紹介していく。

 第7回は13日にオープンしたばかりの、アースアイズの銀座ショールーム(東京都中央区築地1-12-22 コンワビル5階)。人間の五感のようなセンサーと学習型AI(人工知能)を搭載したロボット型カメラ「アースアイズ」の各機能を体感することができるショールームだ。

 そもそも「アースアイズ」は事件・事故を未然に防ぐことを目的とした監視カメラタイプの防犯ロボット。五感センサーと学習型AIにより、不審な動きや音、臭いなどを検知することができ、まるでそこに人がいるかのような防犯を実現する点が特徴となっている。

 人間の「目」にあたる機能として、3D画像処理技術による測距機能や顔認証機能を搭載。「耳」にあたる機能には音の種類や方角を識別できる音源探知機能を搭載している。今回発売されるモデルには搭載されないが、「鼻」や「触覚」にあたる臭覚センサーや温度識別センサーも今後のモデルで順次搭載される予定。

 これらのセンサーで集めた情報を「頭脳」にあたるAIで識別し、リアルタイムで利用者のスマートフォンなどに知らせる。AIは学習することで成長し、より正確な判断が可能になっていくという。

 ワイヤレス給電対応で、永久磁石で窓ガラスを挟んで設置できるため、取り付け工事不要で簡単に設置できる。壁や天井に設置する場合はフィクサー(固定具)を使用するので設置業者に依頼する形となる。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top