iOS 10搭載モデルに対応、iPadでプログラミング学習できるApple「Swift Playgrounds」 | RBB TODAY

iOS 10搭載モデルに対応、iPadでプログラミング学習できるApple「Swift Playgrounds」

IT・デジタル モバイル

Swift Playgroundsの使用イメージ
  • Swift Playgroundsの使用イメージ
  • Swift Playgroundsの画面イメージ
  • Swift Playgrounds
 Appleは6月14日、だれでも楽しく簡単にプログラム学習ができるiPad向けの新しいアプリケーション「Swift Playgrounds(スウィフト・プレイグラウンド)」を発表した。直感的にプログラミング初心者でも楽しく学べるアプリで、今秋に無償提供予定。

 SwiftはAppleが開発したプログラミング言語で、プロの開発者が最高水準のアプリを作成する際にも実際に使っているもの。今回発表されたSwift Playgroundsは、児童・生徒たちがiPad内のグラフィックスの世界で画面上のキャラクターをガイドするためにパズルを解いたり、課題をクリアすることを通して、プログラミングの主要概念を学ぶことができる内容となっている。

 また、内蔵のテンプレートを活用すれば、誰でも簡単に実際のプログラムを作成することが可能。完成したプログラムは「メール」や「メッセージ」で友だちと共有したり、Web上に公開することもできる。iPadがあれば、プログラミングの概念習得からクリエイティブなアプリ作成まで幅広く学ぶことができ、初心者でも簡単に使用できる操作性を持ちながら、実際のプログラムを作成できる点が特長だという。

 Appleが開発したプログラミングレッスンは、コマンドの発行や関数の作成、ループの実行、条件付きコードや変数の使用といったプログラミングの概念を順に学ぶことで着実にスキルを高め、自信をつけていくレッスン構成になっている。新しい課題も定期的にリリースされるため、学習者のスキルの向上と興味の広がりに合わせて、プログラミング能力を高めていくことができるという。

 Swift Playgroundsの完成版は、今秋にもApp Storeから無料でダウンロードできる予定。iOS 10を搭載したiPad Air、iPad Pro、iPad mini 2以降の全モデルに対応している。

iPadでプログラミング学習、Appleが「Swift Playgrounds」発表

《畑山望》

関連ニュース

特集

page top