macOS、次世代名称は『Mojave(モハベ)』!『iOS』との統合については「ない」 | RBB TODAY

macOS、次世代名称は『Mojave(モハベ)』!『iOS』との統合については「ない」

米Appleは、現地時間6月4日(日本時間5日午前2時)、年に一度の開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」を開幕。その基調講演の中で、「macOS Mojave(モハベ)」を発表した。

IT・デジタル スマートフォン
(c)GettyImages
  • (c)GettyImages
  • (c)GettyImages
  • (c)GettyImages
 米Appleは、現地時間6月4日(日本時間5日午前2時)、年に一度の開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」を開幕。その基調講演の中で、「macOS Mojave(モハベ)」を発表した。

 まず紹介されたのは、ダークモードの搭載。暗いだけでなく、コンテンツがはっきりと分かるように工夫。同モードでは写真だけでなく、アルバムやアート、カレンダーに至るまで視認性が高く調製されている。

 デスクトップの見え方についても進化。デスクトップスタックという機能が搭載されたことにより、デスクトップが自動的に整理される。これらはタグなどによって管理されるので、デスクトップがむやみやたらと散らかることを防ぐことができるほか、直感的な検索が可能となる。

 細かな部分では、FinderやQuick Look、Screenshotsのアップデートも果たされた。スクリーンショットを撮影すると、右下に専用アイコンが現れ、そこから直に編集できるようになった。ほか、新機能「Continuity Camera」が登場。iPhoneで撮影した画像をMacに即座に同期して、資料に貼り付け等ができるようになった。また、ニュースアプリや株価アプリ、ボイスメモもMacにやってきた。普段使う機能やアプリの登場ということで、実益のあるユーザーも多いのではないか。

 近年、話題になることも多いセキュリティやプライバシー問題についても触れられた。位置情報や写真、カレンダーなどの個人情報は、デフォルトで保護。さらに、SNSの「いいね!」やコメントも隔離されることも明かされた。「iOS」と「macOS」の統合については、これまで何度も噂されてきたが、登壇したクレイグは同件についてはっきりと「ない」と答えたことも印象的な発表だった。なお、今後も(今回のニュースアプリの搭載のように)iOSのキー機能の一部をmacOSに組み込む可能性はあるとのことだった。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top