寺尾聰が28年ぶり主演…TBS日曜劇場『仰げば尊し』 | RBB TODAY

寺尾聰が28年ぶり主演…TBS日曜劇場『仰げば尊し』

 TBSでは、この夏の日曜劇場枠(7月スタート、毎週日曜日、21時00分~)に、28年振りの主演となる寺尾聰を迎え、『仰げば尊し』を放送する。

エンタメ 映画・ドラマ
寺尾聰
  • 寺尾聰
  • 多部未華子
  • 左から佐野岳、真剣佑、村上虹郎、北村拓海、太賀
 TBSでは、この夏の日曜劇場枠(7月スタート、毎週日曜日、21時00分~)に、28年振りの主演となる寺尾聰を迎え、『仰げば尊し』を放送する。このドラマは、実在した人物である中沢忠雄先生と、実在した高校である神奈川県立野庭高校(80年代当時)の吹奏楽部をモチーフにした。

 寺尾が演じる樋熊迎一(ひぐま・こういち)は、事故の後遺症で音楽に背を向けていたサックス奏者。荒廃した高校で夢を失った問題児や、プロミュージシャンが教育現場に入ることに反対する教師や父兄など、樋熊の道は楽ではない。それでも再び夢を見いだし、吹奏指導する樋熊。

 監督は平川雄一朗、脚本はいずみ吉紘。配役は寺尾の他、彼の娘役に多部未華子、樋熊を高校に招き入れる校長役に石坂浩二。

 寺尾は「ドラマのストーリーが進んでいく中で、私の役柄も悩んで築き上げたい。どういうエピソードがでてくるか楽しみ。共演する若い俳優は、意欲が顔に表れている。それがどう芝居の中にでてくるか楽しみ」とコメント。

 いっぽう多部は「ヒューマンドラマはベタに王道であることが一番だと思う。今作はストレートに想いが伝わるドラマになるといい」とコメント。多部と寺尾とは初めての共演。多部は寺尾について「とても気さくないっぽうで、シーンごとの背景や人物の感情に対する探究心がすごくある方だと感じた。寺尾さんについていけるよう、私も解釈する力と理解力を持ちたい。寺尾さんは、親子のシーンが『癒しのシーンになればいい』とおっしゃったので、学校の場面とは違う空気を作りたい」と述べる。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top