紛失防止から見守り支援まで可能にする超小型ビーコン | RBB TODAY

紛失防止から見守り支援まで可能にする超小型ビーコン

IT・デジタル セキュリティ

「FSC1301」とスマートフォン、ガラケーとのサイズ比較。3.5mmという薄さと5gという重量も大きな特徴となる(撮影:防犯システム取材班)
  • 「FSC1301」とスマートフォン、ガラケーとのサイズ比較。3.5mmという薄さと5gという重量も大きな特徴となる(撮影:防犯システム取材班)
  • Bluetooth Smart規格に準拠した「FSC1301」。本体には、ストラップホール、ボタン、LED、ブザー(オプション対応)を搭載している(撮影:防犯システム取材班)
  • 「FSC1301」から取得した位置情報の表示イメージ。緯度経度、情報取得時間を地図上にマッピングしての表示が可能だ(撮影:防犯システム取材班)
  • 参考出展された出席確認・点呼確認ソリューションの操作画面イメージ。出欠確認や保護者確認機能が例としてデモ展示されていた(撮影:防犯システム取材班)
  • 保護者確認のイメージ。ビーコンのボタンを押すことで、誰の保護者が来たのかを表示可能だ。あらかじめ画像なども登録しておけば、より厳格な保護者確認が行えるようになる(撮影:防犯システム取材班)
  • 応用例としてボタンを押した時のみ電波を発信するといった運用方法も可能で、プライバシーへの配慮や電池消費をおさえたい場合に便利だ(撮影:防犯システム取材班)
 昨今、ビーコンを使った見守りサービスを各社が手がけるなかで、課題の1つとして挙げられるのが、ビーコンのサイズ。見守り対象となるのは、子どもや高齢者、ペットとなるだけに、持ち歩きに煩わしさを感じるサイズだと、ビーコン自体を身につけてもらえない可能性が出てくる。

 すでにサービスを提供する企業もその点に関しては、さまざまな工夫で課題解決に向けた取り組みを行っているが、問題の根本的な解決方法としては、ビーコン自体の小型化が重要な役割を担う。

 東京ビッグサイトで20日まで開催されている「第7回教育ITソリューションEXPO」に出展するフォーカスシステムズは、そうした課題の解決策となる超小型ビーコン「FSC1301」(フォーカスビーコン)を展示した。

 最大の特徴はそのサイズで、モジュールの外形は46mm×24.5mm×3.5mm、重さ5gと、先行する他社のビーコンと比べると大幅な小型化を実現。

 社員証、学生証などを入れるカードホルダーに収納したり、ストラップやキーホルダーと組み合わせて持ち歩いたり、スマートグラスなどのウェアラブル端末と組み合わせて利用しても、気になりにくい大きさと重さとなっている。

 本体には、LED、ボタン、ストラップホールを搭載し、オプション対応でブザーを取り付けることも可能だ。BLE対応のBluetooth Smart製品となっており、電池寿命はおよそ1年(電池は交換式)で、使用する周波数帯は、2.4GHz。

 ビーコンからは常に電波が送信されており、それを受信することで、どのビーコンがどこにいるのかを地図やフロアマップなどに落とし込んでパソコンやスマートフォンなどで表示が行える。ビーコン同士をペアリングさせて、本人確認に利用したり、ボタンを押した時だけ電波を発信させてプライバシーへの配慮や省エネなどを目的としたといった応用例も想定されている。

 今回の展示では、ビーコン本体の展示に止まらず、同社のソフトウェアと組み合わせた活用事例として、カギや社員証の紛失防止や、子どもや高齢者、ペットの迷子防止、店舗や向上などでの顧客や従業員の動線把握といった使い方も紹介されていた。

 他にも参考出品ながら、学校での出席確認・点呼確認ソリューションなどもデモ展示されており、同ビーコンを使うことで、教師がタブレットやスマホから、生徒の出席状況をひと目で確認できたり、学校が生徒を保護者に引き渡す際に本当の保護者かどうかを容易に確認することが可能になるとのこと。

 同社では、IoTビジネスを加速させる業務用薄型ビーコンとして、企業や自治体、教育機関での採用を目指して行くという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top