ありそうでなかった? Googleが少人数グループでの情報共有アプリ「Spaces」公開 | RBB TODAY

ありそうでなかった? Googleが少人数グループでの情報共有アプリ「Spaces」公開

IT・デジタル モバイル

「Spaces」アプリアイコン
  • 「Spaces」アプリアイコン
  • 「Spaces」アプリ画面イメージ
  • 検索結果を即座に共有可能
  • 共有内容についてコメントすることも可能
  • 「Spaces」ブラウザ画面イメージ
 ネットで見つけたテキストや動画を、ちょっとメモしておきたい場合、「TwitterやメールでURLを送る」「Facebookに投稿する」「Pocketなどのサービスを使う」「クラウドに保存」といった方法があるが、「複数人での共有」に特化したサービスは、意外と少ない。

 DropboxやGoogleDriveなどのクラウドに、ファイル保存して共有することもできるが、ちょっとしたサイトURLを共有するといった場合にはおおげさだし、グループの管理も煩雑だ。こうしたことから、Googleが新たに、「少人数グループ向けの情報共有サービス」として「Spaces」を公開した。アプリも同時公開されており、PCブラウザでもアプリでも利用可能だ。

 「Spaces」では、「Space」と呼ばれるトピックを作成して、さまざまな情報を簡単に共有できる。Spaceに知人を誘いたい場合は、リンクを相手に伝えるだけでOKだ。共有した情報について、コメントをやりとりすることも可能。「Space」は1タップで作成できる。

 また「Spaces」には、Chrome、Googleフォト、YouTubeの機能が最初から組み込まれており、アプリ内で直接、記事・動画・写真などを閲覧して、すぐ共有することができる。Google検索も組み込まれているので、情報を見つけて共有することもできる。たとえば、近日開催予定の技術者イベント「Google I/O」などでの交流にも活用できるという。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top