ソフトバンクもXperia X Performance投入へ、夏モデル3機種を発表 | RBB TODAY

ソフトバンクもXperia X Performance投入へ、夏モデル3機種を発表

IT・デジタル モバイル

「Xperia X Performance」外観
  • 「Xperia X Performance」外観
  • 「Xperia X Performance」おもな仕様
  • 「AQUOS Xx3」外観
  • 「AQUOS Xx3」おもな仕様
  • 「DIGNO F」外観
  • 「DIGNO F」おもな仕様
  • 対応する周波数帯
 ソフトバンクは11日、SoftBankの2016年夏商戦向けスマートフォンのラインアップを発表した。「Xperia X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」の3機種を、6月上旬より発売する。なお、3機種とも5月17日より予約の受け付けを開始する。

 「Xperia X Performance(エクスペリア エックス パフォーマンス)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)は、ラウンド形状ディスプレイによる、手に馴染みやすいデザインを採用したスマートフォン。丸みを帯びたフォルムが特徴で、約0.6秒で撮影を開始できる高性能カメラ(約2,300万画素)、ハイレゾ再生オーディオなども搭載した高性能モデルとなっている。発売は2016年6月中旬以降。カラーバリエーションは、ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色だ。なお「Xperia X Performance」は、KDDI/auとNTTドコモも、夏モデルとして投入することを発表している。

 「AQUOS Xx3(アクオス ダブルエックス スリー)」(シャープ製)は、120Hzの高速液晶駆動を実現する「ハイスピードIGZO」を搭載したスマートフォン。動きの激しい映像や高速画面スクロールでも、滑らかな表示が可能。約0.4秒の高速起動、約0.02秒のハイスピードオートフォーカスに対応したカメラ(約2,260万画素)を搭載。人工知能「エモパー」による健康サポートなどの機能も搭載している。発売は2016年6月上旬以降の予定。

 「DIGNO F(ディグノエフ)」(京セラ製)は、耐衝撃・防水(IPX5/IPX7)・防じん(IP5X)に加え、利用シーンの幅広さを重視したモデル。同機のタッチパネルディスプレイは、手が濡れている場合、手袋を着用している場合でも、操作可能なのが特徴だ。また、従来の携帯電話に近い操作が可能な「かんたんビギナーホーム」「ケータイ入力」などを搭載する。発売は2016年6月下旬以降の予定。

 なおソフトバンクでは、スマートフォンアクセサリーを当選者にプレゼントする「選んで楽しい!スマホグッズキャンペーン」を、対象機種の発売日より9月11日まで開催するとのこと。 
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top