パナソニック、「Let'snote」夏モデル……HDD増強、SSDモデルの投入など | RBB TODAY

パナソニック、「Let'snote」夏モデル……HDD増強、SSDモデルの投入など

IT・デジタル ノートPC

「Let'snote SX2」
  • 「Let'snote SX2」
  • 「Let'snote NX2」
  • 「Let'snote B11」
 パナソニックは9日、店頭向けモバイルノートPC「Let'snote」シリーズの2013夏モデルを発表した。同シリーズのSX2/NX2/B11でニューモデルを投入、HDD容量の強化などが図られた。発売は5月17日から。

 夏モデルのラインナップは、SX2/NX2、B11で、価格はオープン、予想実売価格は、「SX2」の上位モデルが210,000円前後、Office搭載モデルが235,000円前後、下位モデルが185,000円前後、Office搭載モデルは210,000円前後、「NX2」は180,000円前後、「B11」は175,000円前後、Office搭載モデルは200,000円前後。

 主な改良点は、SX/NXでHDD容量を750GBにアップ、B11でHDD容量を1TBにアップ、SXのCore i7搭載モデルに128GB SSD搭載モデル投入に加え、有料メーカー延長保証サービスパック(3年間保証)、Windows 7ダウングレードサービスが追加された。

 「Let'snote SX2」は、光学ドライブを搭載する12.1型ノートPC。上位モデルはCore i7-3540M vPro(3GHz)、メモリ4GB、ストレージはSSD 128GB、下位モデルはCore i5-3340M vPro(2.70GHz)、メモリ4GB、ストレージがHDD 750GBとなる。

 12.1型ディスプレイ(1,600×900ピクセル)、Windows 8 Pro 64bit、DVDスーパーマルチドライブは共通する。

 12.1型「Let'snote NX2」は「SX2」の下位モデルと同じ仕様で、DVDドライブが付かないモデル。

 「SX2/NX2」ともにインターフェースは共通で、USB 3.0×2、USB 2.0×1、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、SDカードスロット、ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n、WiMAX、Bluetooth 4.0など。720pのwebカメラを装備する。本体サイズは、Sバッテリ装着時が幅295mm×奥行197.5mm×高さ25.4~31.5mm、Lバッテリ装着時が幅295mm×奥行216.2mm×高さ25.4~31.5mm。

 「Let'snote B11」は、15.6型ノートPCで、今回HDDを1TBに増強した。ディスプレイはフルHD(1,920×1,080ピクセル)対応、OSはWindows 8 Pro 64bit、CPUはCore i7-3635QM(2.40GHz)、メモリ4GB、DVDスーパーマルチドライブを装備する。インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×1、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、SDカードスロットなど、ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n。本体サイズは幅370.8mm×奥行229mm×高さ31.4~43.2mm、重量は1.895kg。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top