V6・森田剛、浮かれたり暗かったり嘘ついたり? | RBB TODAY

V6・森田剛、浮かれたり暗かったり嘘ついたり?

エンタメ 映画・ドラマ

ムロツヨシと濱田岳『ヒメアノ~ル』
  • ムロツヨシと濱田岳『ヒメアノ~ル』
  • 佐津川愛美『ヒメアノ~ル』
  • 吉田恵輔監督『ヒメアノ~ル』
  • ムロツヨシ『ヒメアノ~ル』
  • 濱田岳『ヒメアノ~ル』
  • 佐津川愛美『ヒメアノ~ル』
  • ムロツヨシと濱田岳『ヒメアノ~ル』
「V6」の森田剛主演の映画『ヒメアノ~ル』のジャパンプレミアが5月9日(月)に開催。森田さんに加え、共演の濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ、吉田恵輔監督が舞台挨拶に登壇した。

「行け!稲中卓球部」などで知られる漫画家・古谷実の人気コミックの実写化。清掃会社でバイトをして暮らす岡田は、高校時代、いじめられっ子だった森田と再会するが、実は森田は冷酷な殺人犯になっており、しかも岡田が付き合い始めたばかりの彼女を次の獲物に狙っていた…。

久々の映画出演で、冷酷な殺人鬼を演じた森田さんだが「このタイミングでやれて良かったです。もう少し前でもできなかったし、少し後でも無理でした。このタイミングは運が良かったと思います」とふり返る。

ジャパンプレミアを前に、イタリア北部のウディネで開催された「ウディネ・ファーイースト映画祭」で本作が公式上映され、森田さんと監督が現地を訪れたが、観客の反応はかなり熱烈だったよう。特に森田さんに関して、監督は「森田さんのことをよく知らない現地の人は『あいつは本当に日本でアイドルやってるのか? メチャクチャ怖かったぞ』と驚いてました」と明かす。一方で監督は映画祭で垣間見た森田さんの意外な素顔についても暴露! 「現地でチヤホヤされて嬉しかったのか、(映画祭公式グッズの)マグカップとかを買ってました(笑)」と語り、森田さんは「ベルトやTシャツまで買いました(笑)」と明かしてくれた。

現場では森田さんは完全に役になり切っていたよう。濱田さんは森田さんについて「現場で森田さんに『(連続殺人犯役で)気が滅入ったりしないですか?』と聞いたら、(役柄の)森田のままの空気で『(暗いトーンで)そりゃ滅入りますよ…』と返ってきて、飛んだ軽口叩いちまった! とビビりました」と苦笑交じりに明かし、笑いを誘っていた。

ムロさんは、自身が演じた“キモイ先輩の安藤”について、「濱田くんと森田くんが『安藤役はどうしてもムロさんじゃないとイヤだと言っていた』とマネージャーから聞いたんですが…」と嬉しそうに明かし、その発言の真偽を直接2人に確認! だが濱田さんは「え? 言いました?」と驚いた表情を見せ、森田さんにいたっては冷たく「おれは全然、誰でも良かったんで」と言い放ち、この仕打ちにムロさんも「誰でもいいわけないでしょ!」と怒り心頭! コミカルな壇上での掛け合いに会場は爆笑に包まれていた。

『ヒメアノ~ル』は5月28日(土)より公開。

V6・森田剛、イタリア映画祭で浮かれた一面暴露される「チヤホヤされて嬉しかったのか…」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top