交通事故対策もできるIoT活用の営業車運行管理システム | RBB TODAY

交通事故対策もできるIoT活用の営業車運行管理システム

IT・デジタル その他

同システムの仕組み。営業車両の運行管理及びコスト削減を可能としており、車載器は営業車両が備える故障診断用OBD端子に対応しており、ワンタッチで設置が可能(画像はプレスリリースより)
  • 同システムの仕組み。営業車両の運行管理及びコスト削減を可能としており、車載器は営業車両が備える故障診断用OBD端子に対応しており、ワンタッチで設置が可能(画像はプレスリリースより)
  • 運転成績表と運行日報のイメージ。急制動や速度超過などをログ取りでき、営業車を扱うドライバーへの安全運転指導にも活用できる(画像はプレスリリースより)
 NTTコミュニケーションズは11日、IoTトライアルパック「Connected Vehicle」を提供開始したことを発表した。

 通信機能やGPS機能を内蔵した小型車載器を車両に設置することで、営業車両の運行管理をWebアプリで手軽に実現するトライアルパックとなっている。

 GPSとSIMを搭載したIoT車載器、Webアプリ、モバイル回線をオールインワンで提供し、運行データを元にした運行日報や運転成績表、車両稼働実績などを自動作成するシステムとなっている。

 Webアプリからさまざまな運転レポートを確認でき、規定速度超過や急ブレーキなどの発生時には、別途メールなどで管理者へ通知することも可能となっている。

 国内で営業車両を保有する企業を対象としており、トライアル期間は1か月。7月末まで申し込みを受付けており、利用料金は無料となっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top