【地域防犯の取り組み】つくば市が防犯灯LED化事業者の公募開始 | RBB TODAY

【地域防犯の取り組み】つくば市が防犯灯LED化事業者の公募開始

 つくば市は、つくば市防犯灯LED化事業として公募型プロポーザルによる事業受託者の募集要項を市のWebサイトなどで5日より公開している。

IT・デジタル セキュリティ
募集要項やLED灯の要求仕様などは市のwebサイトで詳細を確認することができる。防犯灯の仕様は国内メーカーによる国内製品、LEDチップの製造業者特定可能などの条件も規定されている(画像は公式Webサイトより)
  • 募集要項やLED灯の要求仕様などは市のwebサイトで詳細を確認することができる。防犯灯の仕様は国内メーカーによる国内製品、LEDチップの製造業者特定可能などの条件も規定されている(画像は公式Webサイトより)
 つくば市は、つくば市防犯灯LED化事業として公募型プロポーザルによる事業受託者の募集要項を市のWebサイトなどで5日より公開している。

 つくば市は現在、市と自治会が維持管理する約20,000灯の防犯灯があり、そのうちLED防犯灯は約10%に留まっている。電気料金の削減と老朽化へ対応としてLED化を推進するために、10年契約のリース契約を行う業者を公募する。

 防犯灯LED化事業では、つくば市内に年間概ね350灯、今後10年間で3,500灯のLED照明の新設を予定している。

 21日まで参加表明を受け付け、5月下旬に事業受託者を決定する。リース開始時期は平成29年4月1日からを予定している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top