Siriで照明を操作!フィリップス、スマートLED照明「Hue」に新モデル | RBB TODAY

Siriで照明を操作!フィリップス、スマートLED照明「Hue」に新モデル

フィリップスがモバイル機器とネットワーク接続して、専用アプリとSiriにほるボイスコマンドを使ってシーンに適した明るさや照明色を遠隔操作できるスマートLEDランプ「Hue(ヒュー)」の最新モデルを発表した。

IT・デジタル その他
フィリップスがスマートLEDランプ「Hue(ヒュー)」の最新モデルを発表
  • フィリップスがスマートLEDランプ「Hue(ヒュー)」の最新モデルを発表
  • LEDランプを3基にコントロールブリッジ「Philips Hueブリッジ」をパッケージにした「スターターセットv2」(※丸型のデバイスは別売のHue Tap)
  • パッケージ販売と、ライト、ブリッジの単品販売がそれぞれ展開される
  • フィリップス ライティング ジャパンの久保氏
  • 左側がHue Tap
  • Hueアプリを起動。様々なシーンを選択して好みの色や明るさに照明を調整する
  • カラーパレットを見ながら任意の色に変更することも可能。表現できる色合いは約1,600万色
  • Hueランプを3基接続した状態で、1~3までのナンバリングされたバルーンが表示される。任意の色のところにドラッグ&ドロップして色が変えられる
 フィリップス ライティング ジャパンは5日、都内でHue新製品の発表会イベントを開催。モバイル機器とネットワーク接続し、専用アプリとSiriによるボイスコマンドを使ってシーンに適した明るさや照明色を遠隔操作できるスマートLEDランプ「Hue(ヒュー)」の最新モデルを発表した。全国のアップルストア、およびアップルのオンラインサイトにて、同日より発売開始した。

 商品のラインナップは3種類。LEDランプを3基にコントロールブリッジ「Philips Hueブリッジ」をパッケージにした「スターターセットv2」は、オープン価格だが想定売価は26,800円前後。LEDランプとブリッジは単品販売も行われ、価格はオープンだが7,400円前後の想定売価を見込む。ランプは従来機種より明るさが約33%アップして、600ルーメンから800ルーメンになった。これは白熱電球で60ワットに相当する明るさだという。

 新しいコントローラーである「Philips Hueブリッジ」がSiriによる音声コマンドに対応した点が大きな特徴だ。新たにアップルが提案するスマートホーム規格の「Apple HomeKit」に対応したことにより実現している。iPhoneやiPad、またはペアリングしたApple WatchからでもHey Siriの機能によりボイスコマンドを起ち上げて、明かりの色合いや明度が変更が声でリモコン操作できる。例えばキッチンで料理しながらでも、iOSデバイスに触れてアプリを起ち上げる操作を経なくても、「ランプを点けて」「ランプを黄色に変えて」などのコマンドを発声して照明が操作できる。また複数台のLEDランプをペアリングした状態でも「ランプを消して」とひと言発声すれば一気に全てのランプを消すことも可能だ。

 なお機器間の接続方法はブリッジを家庭内のルーターに有線接続して、LEDランプとの間は無線ベースの「ZigBee Light Link」を使う。1台のブリッジに接続できるLEDランプの数は最大50基まで。LEDランプの本体には防水・防滴加工は施されていないため、浴室内など水場での使用は保証の対象外とされている。

 すでに発売中のHueのLEDランプを使っているユーザーでも、ブリッジを単体購入して入れ替えればSiriによるコントロールが可能になる。またAndroidユーザーも、新しい800ルーメンのLEDランプを既存の「Hue」アプリによるタッチ操作でコントロールすることができる。

 Hueアプリ向けのAPIはすでに公開されており、他社製の連携アプリは約600件がローンチされているという。一例に、音楽に合わせてHueが点灯する明るさを強弱する「Hue Disco」などがある。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top