ワンタッチ解錠が可能! 閉め忘れも防ぐ新型スマートロック | RBB TODAY

ワンタッチ解錠が可能! 閉め忘れも防ぐ新型スマートロック

IT・デジタル セキュリティ

ドアの外側に出る認証&暗証番号入力用の端末本体。寸法は12cm×6.8cm×1.5cm。既存のドアをオートロックドアにすることができる(画像はプレスリリースより)
  • ドアの外側に出る認証&暗証番号入力用の端末本体。寸法は12cm×6.8cm×1.5cm。既存のドアをオートロックドアにすることができる(画像はプレスリリースより)
  • 「DECIMEL」のスマートキーは直径3.8cm。スマートキーをバッグに入れたままワンタッチで解錠が可能。スマートフォンでの解錠に対応したモデルもある(画像はプレスリリースより)
  • ドアを閉めると自動で施錠。配線不要の電池式タイプなので、停電時でも問題なく利用できる(画像はプレスリリースより)
 コマニーは、玄関ドアに後付けできるオートロック式電子錠「DECIMEL(デシメル)」を1日より発売開始した。

 「DECIMEL」はセリュールが開発したオートロック錠で、「開けやすさ」よりも「閉める」ことを重視し、防犯面を意識した製品。既存のドアに後付けする形で、鍵の閉め忘れを防ぐことができる。

 「閉める」を重視しているとはいえ、利便性も考えられており、スマートキーをバッグに入れたままでも、認証用端末に指をタッチするだけで解錠が可能。万が一スマートキーをどこかに忘れてきた場合も、テンキーを使って暗証番号を入力することで解錠できる。

 また、スマートフォン対応モデルもあり、こちらは専用アプリをインストールしてBluetooth経由で解錠する。本体の電源には単3形乾電池4本を使用。配線不要の電池式なので停電時でも施錠される。

 価格はスマートキー対応型が59,400円、スマートフォン対応型が63,720円。工事費は16,200円(いずれも税込)。取り付け工事は約1時間で完了するという。スマートフォンモデルの対応OSはAndroid 5.0以降で、iOS対応は6月頃公開予定とのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top