【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻 2ページ目 | RBB TODAY

【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻

IT・デジタル ハードウェア
【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻
  • 【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻
  • 【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻
  • 【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻
  • 【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻
  • 【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻
  • 【事件は会議室で起きる】第1回「佐藤君、モニタに資料映してよ」の巻
 いやいや、しかし……考えてみるとこんなにケーブルという存在に振り回されていること自体がおかしいのだ。どんどん外部インターフェイスはなくなっていくのが今のICT業界の流れ。無線LANか何かで自分のパソコンのデータをモニタに写し出せればそれで良いではないか? 事実、弊社の一番大きな会議室に設置されているプロジェクタは無線LANでPCのデータを映し出すことができる。おし、これでみんなのイライラが解消し、会議の効率化が図れるはずだ。そんな思いを胸に情報システム部へ駆け込んだ。

私「よく、会議室のケーブルで困ってるよね」
情シス「はい。今は、ケーブル用意されてますよね」
私「HDMIはある。あれはあれでいい。でも、今時無線LAN利用でPCモニタに資料を映しだせればみんなハッピーだと思うんだけど」
情シス「確かそんな製品ありましたよ。まだ試してないんですけど、これいいんじゃない?とスタッフと話していたものがあります」

 そんな相談をして2時間後、さっそく製品が掲載されているURLが情シスからメールで送られてきた。クリックしてみると、その先はエレコムのサイト。あの、周辺機器なら何でも扱っているエレコムである。その名もMiracast。「スマホ画面をワイヤレスでテレビに表示!、多彩なコンテンツを高画質・高音質の大画面で!、プロジェクターとつないで、ビジネスシーンに使える!」とアピールしている。おぉ~、さすが「じょーしす」。こんなの知ってればさっさと装備してくれればいいのに。しかも、「スマートフォン・タブレット・PCを、Wi-FiでTVにワイヤレスで接続。インターネット回線は必要ありません。ややこしい配線や無線LANの環境は一切不要なので、本体とテレビがあればいつでもすぐにスマホの画面をテレビに映して楽しむことができます。」、なーんてことが書かれている。しかし、これは本当なのか?Wi-Fi ダイレクト規格対応ということか……。

私「これってさ、ChromeCastでも同じことできるっていうオチじゃないの?」
スタッフ「いや、ChromeCastはコンテンツを映し出すだけです」
私「????」

 私は大きな勘違いをしていたのだ。賢い読者の方はお気づきだろうが、ChromeCastはコンテンツはともかくデスクトップを映し出すことはできないのだ(裏技をつかえばありかもしれないが)。

 しかし、Miracastの「スマホの画面をテレビに映す」というのが気になる。テレビじゃないとダメなのか?会議室にあるのはPCモニタである。弊社の他の部署では会議室ではなく、デスクトップで使っている人がいた。まさしくPCモニタに出力していた。近日、このレビューを検証として掲載してみたい。
(協力:エレコム)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top