糖尿病を解明するアプリ、ドコモと東大が実験 | RBB TODAY

糖尿病を解明するアプリ、ドコモと東大が実験

ブロードバンド その他

「グルコノート」アプリアイコン
  • 「グルコノート」アプリアイコン
  • 「グルコノート」アプリ画面
  • 「グルコノート」アプリ画面
  • 「グルコノート」アプリ画面
 現代を代表する疾病とも言える「糖尿病」。その名称から“尿が甘くなるだけでは”といった、それこそ甘い認識を持っている人もいるが、実際には、血管を破壊し、失明や下肢の壊死(えし)に至る他、さまざまな症状を引き起こす恐ろしい病気である。

 東京大学とNTTドコモでは、糖尿病(2型)および糖尿病予備群を対象に、スマホアプリ「GlucoNote(グルコノート)」を使った臨床研究を開始した。

 「グルコノート」は、医学研究をサポートするためにアップル社が開発した新機能「ResearchKit」を用いている。同機能を用いたアプリは、国内では初とのこと。

 この研究では、通常のアプリのように、「グルコノート」を各ユーザーが導入することで、さまざまなデータの測定・収集を可能とすることを可能としている。ユーザー側は、健康管理ソフトを使っているだけで、臨床研究に参加している形になる。

 これにより、病院や施設に対象者が集まる必要もなく、血糖値・血圧・体重・活動量などのデータ、食事・運動・睡眠など生活習慣に関するデータを、継続的に収集できるのがメリットだ。また、ユーザー側も参加しやすく、従来の研究より、糖尿病の改善に向け大きな成果が期待できるという。

 東京大学医学部附属病院22世紀医療センター「健康空間情報学講座」の脇 嘉代 特任准教授、同大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻の相澤 清晴 教授が発表した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top