有吉弘行、チャラン・ポ・ランタンからテーマソング送られる | RBB TODAY

有吉弘行、チャラン・ポ・ランタンからテーマソング送られる

エンタメ 音楽

有吉弘行【写真:竹内みちまろ】
  • 有吉弘行【写真:竹内みちまろ】
  • 有吉弘行【写真:竹内みちまろ】
 お笑いタレントの有吉弘行が、姉妹音楽ユニットのチャラン・ポ・ランタンからテーマソングを送られた。

 チャラン・ポ・ランタンは、ももと小春による姉妹ユニット。有吉とは、同ユニットがネット上で披露している「勝手にCMソング」に有吉がコメントするなど、Twitter上で交流している。

 そして有吉は6日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で、チャラン・ポ・ランタンの楽曲「時計仕掛けの人生」を流した。有吉は同ユニットとTwitter上でやり取りをしているとして、「このラジオの曲、作ってくださいって言ってみようか?」とジョークを飛ばしていた。

 するとチャラン・ポ・ランタンのマネージャーによる公式Twitterアカウントから11日、「僭越ながら有吉さんのテーマソングを勝手に作らせて頂きました」と同ユニットのふたりが有吉のテーマソングを歌う動画がリプライで送られてきた。その「有吉弘行のテーマ」は、「白い雲のように世界を旅した」「岩石のように転がり落ちた」と有吉にちなんだワードがふんだんにちりばめられたもの。しかしTwitterでは動画は30秒しか投稿できないため、曲は途中で終わっており、「続きは生でお聴き頂きたいです…」としている。

 ラジオでは「人付き合いめんどくさいからやめとこ」「タダほど怖いものはない」と話して笑いを誘っていた有吉だったが、本当にテーマソングを送られるとは思っておらず、驚きの様子。「げっ。。ありがとうございます。続きを生でお聴かせ頂けるようラジオでリスナーと相談します」と返信している。
《原田》

関連ニュース

特集

page top