大沢あかね、SMAP・中居のおかげで助けられた過去を明かす | RBB TODAY

大沢あかね、SMAP・中居のおかげで助けられた過去を明かす

エンタメ その他

 10日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ)に出演したタレントの大沢あかねが、子役時代に学校で“女番長”に目をつけられるも、女番長がSMAPファンだったことで助かった過去を明かした。

 この日の放送は“元子役SP”と題して、大沢をはじめタレントの内山信二や俳優の加藤諒など子役時代から活躍を続ける芸能人たちが集まってトークを繰り広げた。

 そのなかで“大沢あかねは子役時代、中居正広に助けられたことがある”という「噂話」について訊ねられた大沢は「中学生に“女番長”みたいなのがいて“テレビに出てるからっていい気になってんじゃねーよ”みたいな感じで目をつけられて……でもその人がSMAPの大ファンだった」と、子役時代に思わぬ形で番組MCである中居のおかげでいじめをまぬがれたことを告白。

 大沢によれば、その女番長に廊下で呼びとめられて「アンタSMAPと会ったことあるの?」と聞かれた際、中居と一緒に撮った写真を見せたところ「それからすごく仲良くしてくれた」という。

 その写真はドラマ「ナニワ金融道」の撮影のロケの際に撮られたもので、ロケ地が大沢の知り合いの店だったのだとか。中居が来ることを知った大沢は店に行き、「大沢の孫です」と日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)監督等を歴任した大沢啓二氏の孫であることを伝えると、野球好きの中居は快く写真を撮ってくれたと当時を振り返った。

 中居はその話を聞くも「まったく覚えてない」と記憶にない様子で、その時の写真が番組で披露されても「わぁ……俺だわ!」と、まるで他人のように写真を見て驚くばかりで「覚えてない」と繰り返していた。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top