地震&水害発生時に無電源でトビラを開放できる緊急用スペアキー保管ボックス | RBB TODAY

地震&水害発生時に無電源でトビラを開放できる緊急用スペアキー保管ボックス

エンタープライズ セキュリティ

「防災BOX3」は災害時のみ開放する必要がある場所のスペアキー保管ボックス。カギ・地震の揺れ・ダイヤルと3通りの解除手段がある(撮影:防犯システム取材班)
  • 「防災BOX3」は災害時のみ開放する必要がある場所のスペアキー保管ボックス。カギ・地震の揺れ・ダイヤルと3通りの解除手段がある(撮影:防犯システム取材班)
  • 震度5以上の地震を検知すると無電源かつ自動でロックを解除。縦揺れ・横揺れ両方に無電源で対応できるのは日本初の技術とのこと(撮影:防犯システム取材班)
  • ダイヤルを追加したことで、地震以外の災害にも対応。ボックスに記載された問い合わせ先に連絡、番号を聞いてロックを解除できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 従来型の「防災BOX」も展示されていた。縦揺れ・横揺れ両対応の標準タイプと横揺れのみの廉価版がある。400台以上の販売実績がある(撮影:防犯システム取材班)
 大協工産は、4~5日にパシフィコ横浜で開催された「第20回 震災対策技術展 横浜」にて、震度5以上の揺れを感知すると無電源でロックが解除される緊急用スペアキー保管ボックス「防災BOX3」の展示を行った。

 「防災BOX3」は、防災備蓄倉庫や津波避難タワー、ビルの避難場所などに取り付け、緊急時にそれらの場所を開放できるようにするためのスペアキー保管ボックス。地震の揺れを感知すると自動で解錠されるので、管理者がカギを持って駆けつけなくても避難者が施設を利用することができる。

 同社では東日本大震災の経験から生まれた「防災BOX」を製造・販売していたが、2015年9月の鬼怒川水害以降「地震以外でも開くようにして欲しい」という要望があり、それに応える形で新たにダイヤルキーを追加した「防災BOX3」を開発した。「防災BOX3」という製品名は、「カギ」「地震の揺れ」「ダイヤル」という3通りのロック解除手段がある、という意味があるとのこと。

 ダイヤルキーを追加したことで、地震以外の災害でもボックスに記載された問い合わせ先に連絡、番号を聞いてロックを解除できる。また無電源で縦揺れ・横揺れ両方に対応できる感知機能は同社独自の技術で、現在特許出願中だという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top