【おとなのグルメ】森八の「福梅」……金沢の正月に欠かせないお菓子 | RBB TODAY

【おとなのグルメ】森八の「福梅」……金沢の正月に欠かせないお菓子

Good People & Good Coffeeディレクター兼キュレーターの池田誠さんが推薦する、金沢の縁起菓子。森八の「福梅」(1個 147円)

エンタメ その他
森八「福梅」(1個 147円)
  • 森八「福梅」(1個 147円)
季節の挨拶や帰省など、手土産を用意する機会の多い年末年始。FASHION HEADLINEでは、ファッション・ビューティ業界のプロが選ぶ“冬の手土産”をご紹介。お遣いものに悩むことがあれば、目利き達が太鼓判を押す逸品リストを参考にして欲しい。

今回は、香り高いコーヒーと居心地の良さで自然と人が集まる、池尻大橋のコーヒースタンドGood People & Good Coffeeのディレクター兼キュレーター、池田誠さんにオススメの手土産を聞いた。

池田さんのオススメは、森八の「福梅」(1個 147円)。金沢のお正月には欠かせないお菓子だという。梅の花を形取った紅白の最中は、加賀百万石の城下町金沢の新春を彩る、前田家ゆかりの祝菓そう。金沢出身の池田さんも、「お正月には実家で福梅を食べます」と話してくれた。

気になる最中の中身は、よく練った小倉餡が詰められていて、皮の表面には砂糖がまぶしてある。少し硬めの餡は、口の中で見事に溶けていきとても上品な味となっている。濃いめのお抹茶と共に食したい。ぜひ一度、金沢のお正月を味わってみてはいかがだろうか。※15年度の森八「福梅」の販売は16年1月3日まで。

金沢のお正月に欠かせない縁起菓子。森八の紅白最中「福梅」【冬の手土産】

《編集部》

関連ニュース

特集

page top