【NHK紅白】AAA、男?女?紅白組決めの「基準が気になる…」 | RBB TODAY

【NHK紅白】AAA、男?女?紅白組決めの「基準が気になる…」

エンタメ フォトレポート

AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
  • AAA(写真:鶴見菜美子)
 パフォーマンスグループのAAAが29日、都内で行われた「第66回 NHK紅白歌合戦」リハーサルに参加し、男女混合であるが故の紅白の楽しみ方を語った。

 2010年から6回連続出場となるAAAは、男女7人組のグループであることから、これまでに白組で4回、紅組で1回出場しており、今回は2回目の紅組での出場となる。

 宇野実彩子は「AAAにしかそんなことできないので、どっちも経験できるのは嬉しい」と大喜び。末吉秀太も「何を基準に決めているのかは気になる」と言いつつも、稀有な体験を楽しんでいる様子。

 披露する楽曲はミディアムラブバラードの「恋音と雨空」。西島隆弘は「これぞAAAというパフォーマンスを届けたい」と意気込み十分。浦田直也は、衣装について「曲のイメージに合う感じ。今年10周年迎えて、完全アラサーグループになったので、真っ赤ではなくて大人の赤をイメージできたと思います。似合ってるどうか見てください」と期待をあおった。

 10周年を迎えた今年を振り返り、「初のアジアツアーや野外のワンマンライブだったり、10周年でも初めての挑戦をさせていただいた」と充実した表情の宇野は、「応援して下さるファンの方々と、支えてくださるスタッフたくさんの力があってというのを日々確信する1年でした」と吐露。そして、「その感謝を表すために歌っていた1年でしたし、11周年に向けて次なるステップに上がれるように気を引き締めた1年でもありました」と満足そうに語った。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top