生稲晃子、「徹子の部屋」での乳がん告白は4年前から考えていた | RBB TODAY

生稲晃子、「徹子の部屋」での乳がん告白は4年前から考えていた

 元おニャン子クラブでタレントの生稲晃子が、4年前にテレビ朝日系「徹子の部屋」で乳がん公表を考えていたことを告白した。

エンタメ その他
 元おニャン子クラブでタレントの生稲晃子が、4年前にテレビ朝日系「徹子の部屋」にて乳がん公表を行うことを考えていたと明かした。

 生稲は先月10日にブログで、2011年に乳がんと診断され、手術と2度の再発、右乳房全摘出手術を経験したことを公表した。

 病を4年以上もの間ひた隠しにしていた生稲は、16日放送の「徹子の部屋」で、「人に話ができないのは、やっぱり辛かったです」と振り返る。生稲は、乳がん手術から約半年後、2011年に同番組に出演しているが、実はその際「(黒柳)徹子さんにお話しよう」と考えていたのだという。だが当時レギュラーで健康番組に出演していたため、「今言うべきではない」と思い直したと明かした。
《原田》

関連ニュース

特集

page top