地方&中小・個人事業のインバウンドビジネス支援へ……Wi2とアクセンチュア「インバウンド・サテライト」 | RBB TODAY

地方&中小・個人事業のインバウンドビジネス支援へ……Wi2とアクセンチュア「インバウンド・サテライト」

 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)とアクセンチュアは16日、インバウンド(訪日外国人)を対象とした事業を支援するウェブサービス 「インバウンド・サテライト」を発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「インバウンド・サテライト」ロゴ
  • 「インバウンド・サテライト」ロゴ
  • 「インバウンド レーダー」 のサンプル画面
 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)とアクセンチュアは16日、インバウンド(訪日外国人)を対象とした事業を支援するウェブサービス 「インバウンド・サテライト」を発表した。

 「インバウンド・サテライト」は、Wi2が2014年12月から提供を開始した、訪日外国人向けの無償Wi-Fiサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリを活用したサービス。同アプリの利用情報をもとに、訪日外国人の位置情報データと、アクセンチュアのデータ分析基盤を組み合わせて分析し、訪日外国人の動態や使用言語などの情報に基づく効果的なプロモーション施策を可能とするものだ。

 インバウンド・サテライトは、個人単位でもID登録が可能となっており、主要都市のみならず、地方都市で個人や中小規模による外国人向け事業を展開する事業者も想定している。

 Wi2とアクセンチュアは、インバウンド・サテライトから提供されるサービスの第一弾として、訪日している外国人観光客の動態をマップ上で可視化する「インバウンド・レーダー(Inbound Radar)」の提供を同日から開始している。「インバウンド・レーダー」では、自社の店舗等の周辺に、「どの言語を話す外国人」が、「どのくらいの人数が滞在しているのか」について、日次で更新される位置情報に基づいて、マップ上に可視化可能。利用料金は月額1,980円(税抜)。12月31日までに登録した場合、2016年1月末まで無償利用が可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top