伝説のギャグ漫画「珍遊記」、松山ケンイチで映画化! | RBB TODAY

伝説のギャグ漫画「珍遊記」、松山ケンイチで映画化!

エンタメ 映画・ドラマ

映画「珍遊記」(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 映画「珍遊記」(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 松山ケンイチ【写真:竹内みちまろ】
  • 松山ケンイチ【写真:鶴見菜美子】
 漫☆画太郎氏のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、松山ケンイチ主演で実写映画化されることが11日、分かった。

 来年2月27日に公開が決まった映画「珍遊記」の原作は、1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した伝説のギャグ漫画。映画では、天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘が、偶然立ち寄った家の”じじいとばばあ”に、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれる展開となる。

 主演を務めるのは、「デスノート」「デトロイト・メタル・シティ」「ど根性ガエル」といった実写化作品に出演してきた松山ケンイチ。「珍遊記」では、坊主頭にパンツ一丁という山田太郎そのままの格好で、振り切った演技を披露する。画太郎ファンでもある松山は、「しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかったので受けさせて頂きました。自分としては良く脱げた方だと思います」とユーモアを交えてコメント。

 メガホンをとったのは、漫☆画太郎原作の映画「地獄甲子園」などを手掛けた山口雄大監督。脚本は、お笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらと、アニメ「おそ松さん」などに携わる放送作家の松原秀氏が担当した。

 一足早く同作を観た漫☆画太郎氏が「史上最低の糞映画にしろって言ったのに、なんでこんなに面白くしたんだ バカヤローッ!!」とコメントするなど、その仕上がりに期待がかかる。

 映画「珍遊記」は2月27日より全国ロードショー
《木村》

関連ニュース

特集

page top