内田理央、主演映画で初キスシーン「長くエロいキス」 | RBB TODAY

内田理央、主演映画で初キスシーン「長くエロいキス」

エンタメ 映画・ドラマ

内田理央
  • 内田理央
  • 内田理央
  • 内田理央
  • 山地まり
  • 山地まり
  • 佐藤聖羅
  • 映画「血まみれスケバンチェーンソー」舞台挨拶
  • 映画「血まみれスケバンチェーンソー」舞台挨拶
 映画「血まみれスケバンチェーンソー」の舞台挨拶が6日に行われ、監督や出演者が登壇。トークでは、主演の内田理央が初のキスシーンに挑戦していることが明かされた。

 内田の初キスシーンのお相手は、男性ではなく女優の山地まり。内田は、監督からの演出指示に応えようと「長くエロいキス」に挑んだものの、笑ってNGを出してしまったと振り返った。

 同作は、三家本礼による同名コミックが原作。解体屋の娘にして無類派スケバンの鋸村ギーコ(内田)と、クラスメイトを次々に改造するマッド・サイエンティスト碧井ネロ(山地)のバトルを描くストーリーだ。内田が演じたギーコは、セーラー服の下に”ふんどし”を締め、チェーンソーをぶん回すなど、ユニークなキャラクターが続々登場する同作。ネロの刺客である爆谷さゆりを演じた佐藤聖羅は舞台挨拶で、「股間からミサイルを撃つ役は、正直不安でいっぱいでしたが、仕上がりを観た今、自分に惚れ惚れしています」とコメント。「M字開脚でひたすら腰を振るという演技は、CGのない現場では、ひたすらシュールでした(笑)」と撮影の裏話を披露した。

 そんな同作について内田は、「ポップでおバカで青春なスプラッタームービーですが、映画のテーマとして、“少数派の人たちがんばれ!“というメッセージもあります」とコメント。山地も「人それぞれ受け止める箇所は違う映画だと思います。実は私は4回観ていて、毎回違うイメージを持ってます。たくさん観て、たくさん笑って下さい!」と語った。

 映画「血まみれスケバンチェーンソー」は現在公開中。
 
《木村》

関連ニュース

特集

page top