“パクリ本騒動”葉石かおりさん、出版社と和解 「これにて一件落着です」 | RBB TODAY

“パクリ本騒動”葉石かおりさん、出版社と和解 「これにて一件落着です」

 利酒師でエッセイストの葉石かおりさんが、自著『うまい日本酒の選び方』の内容が同書を出版するえい出版によって自身に無断で別の書籍に転用されたことを訴えていた問題で、謝罪広告の掲載など希望通りの対応がなされたとして、同出版社と和解したことを報告した。

エンタメ ブログ
 利酒師でエッセイストの葉石かおりさんが、自著『うまい日本酒の選び方』の内容が同書を出版するえい出版(えいは木へんに世)によって自身に無断で別の書籍に転用されたことを訴えていた問題で、謝罪広告の掲載など希望通りの対応がなされたとして、同出版社と和解したことを報告した。

 葉石さんが著した『うまい日本酒の選び方』の内容および写真が、同出版社の『日本酒入門』に無断で転用されて販売された今回の問題。葉石さんの訴えを受けた同出版社はその後、公式サイト上で謝罪したが、その謝罪内容が不十分だとして、正式な謝罪を求めていた。

 葉石さんは9日に更新したブログで、自身が同出版社に求めていた「新聞4紙(朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・日経新聞)全国版で謝罪広告」「『うまい日本酒の選び方』のデータ引き上げ」「『うまい日本酒の選び方』の在庫296冊の引き上げ」「慰謝料他、金銭の譲渡は一切受け取らない」の4点が承諾され、示談が成立したことを報告した。

 「約一か月半、心身ともに大きな打撃を受け、逆流性食道炎、じんましん、円形脱毛症などを患いながら、この問題と向き合ってきました」という葉石さん。「私が何よりも主張したかったのは、「名誉の回復」と著作権・著者に対する敬意です。時間はかかりましたが、こうした形で主張が通り、今は安堵しております」「『パクリ本事件』はこれにて一件落着です。関係者の皆さまに長期間に渡り、ご心配おかけいたしましたことをお詫び申し上げます」とつづった。
《花》

関連ニュース

特集

page top