長谷川博己が”ヤクザ役”で鬼気迫る表情…「セーラー服と機関銃 -卒業-」新ビジュアル | RBB TODAY

長谷川博己が”ヤクザ役”で鬼気迫る表情…「セーラー服と機関銃 -卒業-」新ビジュアル

エンタメ 映画・ドラマ

長谷川博己演じる月永(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 長谷川博己演じる月永(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 長谷川博己演じる月永(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
  • 長谷川博己演じる月永(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
 橋本環奈が主人公を演じる映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」の新たな劇中ビジュアルが公開された。

 明らかになったのは、長谷川博己演じるヤクザの若頭補佐・月永の出演シーン。拳銃やナイフを手に持ち鬼気迫る表情をみせている。

 同作は、赤川次郎の小説「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」が原作。弱小ヤクザ「目高組」の組長として、伯父を殺した敵を機関銃で襲撃した過去を持つ女子高生・星泉が主人公だ。襲撃後に組は解散し、平穏に暮らしていた星の元に、かつて目高組とシマを争う関係だった「浜口組」からの横やりが入る。

 長谷川が演じる月永は、浜口組の若頭補佐。シノギから手をひいたはずの目高組へ難癖つける浜口組に、第三者が絡んでいることに気づいた月永は、星へ共闘を打診する。自らの立場を捨ててまで手を組む月永の思惑や、星がほのかに抱く恋心に注目だ。
《木村》

関連ニュース

特集

page top