今年ブレイクの篠原信一&藤田ニコル、1年をふり返る | RBB TODAY

今年ブレイクの篠原信一&藤田ニコル、1年をふり返る

エンタメ 映画・ドラマ

藤田ニコル、篠原信一/『インサイド・ヘッド』MovieNEX発売記念イベント
  • 藤田ニコル、篠原信一/『インサイド・ヘッド』MovieNEX発売記念イベント
  • 藤田ニコル/『インサイド・ヘッド』MovieNEX発売記念イベント
  • 篠原信一/『インサイド・ヘッド』MovieNEX発売記念イベント
  • 藤田ニコル、篠原信一/『インサイド・ヘッド』MovieNEX発売記念イベント
  • 藤田ニコル、篠原信一/『インサイド・ヘッド』MovieNEX発売記念イベント
米映画『インサイド・ヘッド』のMovieNEX発売を記念し11月18日(水)、東京・お台場ヴィーナスフォートで「今年の想い出ツリー」点灯式が行われ、柔道家の篠原信一とタレントの藤田ニコルが出席。今年ブレイクした二人が、“ヨロコビ”の1年をふり返った。

現役引退後、持ち前の明るいキャラクターを武器に、バラエティ番組やイベントに引っ張りダコだった篠原さんは、「まさか芸能界で、こんなにお仕事させてもらうなんて、まったく思わなかった。でも、名前を覚えてもらえたのがうれしかったですね」と満面の笑み。来年は「ドラマをやりたいですね。どんな役? そりゃ主役でしょ」とリップサービスを披露した。

一方、おバカ界の新女王となった藤田さんも「いろんな世代の皆さんに応援してもらい、ガラッと変わった一年だった」。注目度が高まり、多忙を極めるなか「ツイッターのフォロワーが、1日で2,000人ずつ増えている。たいしたことをつぶやいているわけでもないのに、何がいいのか分からない」と“ビビリ”、「友だちが遊びに誘ってくれない…」と“カナシミ”を明かした。

世界初の長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』から20周年を記念した本作。11才の少女ライリーの幸せを祈る、頭の中の5つの感情たち――ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミの冒険と成長を描いた冒険ファンタジーで、この夏、国内興収40億円突破の大ヒットを記録した。

二人は「改めて人にはいろんな感情があるんだと知った。思わず吸い込まれるストーリーで、(泣きそうで)ヤバイヤバイと思う瞬間もあった」(篠原さん)、「ヨロコビだけじゃなくて、カナシミって感情も必要なんだなって思いました。ほっこりしました」(藤田さん)と映画をアピール。すっかり意気投合したようで、二人一緒に藤田さんの持ちネタである“ニコルンビーム”を披露する場面もあった。

『インサイド・ヘッドMovieNEX』は発売中。

今年ブレイクの篠原信一&藤田ニコル、ヨロコビの1年をふり返る

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top