遠隔監視向け、高画質カメラ対応の34倍電動ズームレンズ……タムロン | RBB TODAY

遠隔監視向け、高画質カメラ対応の34倍電動ズームレンズ……タムロン

エンタープライズ セキュリティ

広域監視をベースに望遠による遠隔監視も可能にしているのが34倍電動ズームレンズ「M12ZG34X15IRPF」の特徴。高解像度化するカメラに対応した光学性能を有する(画像はプレスリリースより)
  • 広域監視をベースに望遠による遠隔監視も可能にしているのが34倍電動ズームレンズ「M12ZG34X15IRPF」の特徴。高解像度化するカメラに対応した光学性能を有する(画像はプレスリリースより)
  • 同製品の主な仕様。焦点距離は15~510mmで、広角から望遠まで1台で対応し、霧除去機能や夜間撮影などハイセキュリティなニーズでの利用を想定した機能を備える(画像はプレスリリースより)
 タムロンは28日、セキュリティ市場などでの遠距離監視向けに34倍電動ズームレンズ「M12ZG34X15IRPF」を発売した。

 15~510mmの焦点距離を持つ高画質電動ズームレンズを搭載し、望遠端(510mm)においても高感度で高画質な性能を実現。

 Cマウントタイプの箱型カメラに対応したズームレンズで、国境や港湾、森林などや空港、発電所など重要施設を広域監視する用途に適している。

 同等焦点距離のレンズと比べて小型化を実現しており、業界標準サイズのハウジングへの装着など、既存設備の流用が可能。また、昼夜を通して高画質監視を可能としており、霧除去機能として近赤外域で撮影する可視光線カットフィルターも搭載されている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top