いざという時にはヘルメットになる“まもるイス”……マモリス | RBB TODAY

いざという時にはヘルメットになる“まもるイス”……マモリス

ブロードバンド その他

「マモリス」のヘルメットはイスの底面に設置されており、背もたれと繋がっている(撮影:防犯システム取材班)
  • 「マモリス」のヘルメットはイスの底面に設置されており、背もたれと繋がっている(撮影:防犯システム取材班)
  • イスとしては“日常生活に溶け込むこと”をコンセプトにしたシンプルなデザイン(撮影:防犯システム取材班)
  • ヘルメットとしての着用例。重さは約1.15kg(撮影:防犯システム取材班)
 東京ビッグサイトで16日まで開催されている「危機管理産業展2015」に出展しているマモリスは、普段はイスとして使いつつ、災害発生時には背もたれ部分を外してヘルメットとして使える「マモリス」の展示を行った。

 背もたれ部分は、イスの底面に設置されたヘルメットと繋がっていて、利用の際は、イスに設置されたラッチを90度回転させることで取り外すことができる。

 イスとしての強度と耐久性、ヘルメットとしての強度を確保したうえで、軽量化を実現している。イスとしては、JIS S 1203:1998に準拠。ヘルメットとしては、厚生労働省労働安全衛生法の保護帽規格「飛来・落下物用」の検定にも合格している。

 現在は、オンラインストア限定で一脚35,000円で発売されている。個人向けにも販売されているが、法人限定で無料トライアルサービスを実施。300脚以上の発注であれば、基本となるカラー・ホワイト以外での製作にも対応しており、法人ユースの利用を見込んでいる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top