「ハルヒ」など人気ライトノベルの二次創作が可能な小説投稿サイトがオープン | RBB TODAY

「ハルヒ」など人気ライトノベルの二次創作が可能な小説投稿サイトがオープン

エンタメ その他

ティザーサイト
  • ティザーサイト
 KADOKAWAとはてなが12月に、「涼宮ハルヒの憂鬱」や「バカとテストと召喚獣」といったライトノベルの二次創作が可能な小説投稿サイトをオープンする。7日にティーザーサイトが公開された。

 同サイトは、誰でも自由なスタイルで物語を書くことができる新しい場所として開設される。ユーザーは思いのままに小説を執筆、公開することが可能で、ユーザー間で感想をシェアしたり、気に入った作品をおすすめしあうこともできる。

 また、同サイト内に限り、KADOKAWAが抱える「涼宮ハルヒの憂鬱」や「バカとテストと召喚獣」、「フルメタル・パニック!」といったライトノベルの二次創作小説を執筆することができる。サービス開始後も二次創作可能な作品を随時追加する予定だ。

 このほか、一次創作作品を対象にした総額賞金700万円の「Web小説コンテスト」も開催される。大賞者は賞金100万円+書籍化が確定されるそう。二次創作好きのみならず、オリジナルの小説を書きたい人も楽しめるサイトになりそうだ。

 作品投稿の受付は12月より開始。サイトは投稿者、閲覧者ともに無料で利用できる。
《花》

関連ニュース

特集

page top