【レビュー】mineoの海外プリペイドSIMを使ってみた 4ページ目 | RBB TODAY

【レビュー】mineoの海外プリペイドSIMを使ってみた

今回、ドイツ・ベルリンで開催された国際コンシューマ・エレクトロニクスショー「IFA 2015」(9月4日~9日開催)の現地取材を行ったRBB TODAY編集部は、格安スマホサービスを展開するmineo(マイネオ)から9月1日にリリースされたばかりの海外プリペイドSIMを使ってみた。

IT・デジタル スマートフォン
ドイツ・ベルリンにて実際に使ってみた(写真はベルリン中央駅)
  • ドイツ・ベルリンにて実際に使ってみた(写真はベルリン中央駅)
  • ドイツ・ベルリンにて実際に使ってみた(写真はベルリンの壁が残る「イーストサイドギャラリー」)
  • プリペイドSIM、端末、PCでセットアップを開始
  • データ残量の確認やチャージ機能が利用できるマイページ
  • ベルリン・テーゲル空港でグーグルマップを利用してみた
  • 付属のクイックスタートガイド
  • SIMカード
 今回は、「データパックチャージ」を試したが、購入からものの2~3分でチャージされており、非常にスムーズだった。マイネオのサービスサイトには、「データパックの購入やクレジットの追加の反映には、30分程度かかる場合があります。」と書かれているので、もう少し時間がかかる場合もあるかもしれないが。

 なお、中国、香港、台湾、韓国、タイ、アメリカ、ヨーロッパといった主要7地域であれば、「データパックチャージ」と「従量チャージ」の併用も可能で、その場合は、データパックチャージのデータから優先されるという。

■国内&国外から問い合わせOK

 また、緊急時のサポート体制も準備されており、国内からの問い合わせは9時~21時(通話料無料)、海外からは24時間365日(通話料有料)、それぞれ日本語のオペレータによって受け付けている。

 mineoの海外プリペイドSIMは、維持費が無料となっている。ただし、利用開始後から12ヵ月の間に、一度もチャージがない場合は、SIMカードが一旦無効となってしまうため、有効にしたい場合はサポートセンターに問い合わせれば、追加費用なしで、改めて利用が可能になるという。

 格安スマホサービスの台頭、総務省によるSIMロック解除の義務化などが影響し、国内の携帯電話市場が活性化されつつある。今回のmineoの海外プリペイドSIMのように、国内のみならず、海外渡航時のスマホやタブレットなどの利用において、ユーザー側にさまざまな選択肢ができることは大歓迎だ。料金面やサービスの拡充など今後も注目していきたいところだ。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top