A8プロセッサ搭載した「iPad mini 4」発表即発売……42,800円から | RBB TODAY

A8プロセッサ搭載した「iPad mini 4」発表即発売……42,800円から

IT・デジタル モバイル

A8プロセッサ搭載し性能を強化した「iPad mini 4」
  • A8プロセッサ搭載し性能を強化した「iPad mini 4」
  • 7.5mmから6.1mmへと薄型化も図られている
 Appleのスペシャルイベントでは、iPad miniの新モデル「iPad mini 4」も発表された。発表即発売となっており、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルが用意され、価格は42,800円から。

 Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルで16GB/64GB/128GB版をラインナップ。価格は、Wi-Fiモデルの16GBが42,800円、64GBが53,800円、128GBが64,800円。Wi-Fi+セルラーモデルは、16GBが56,800円、32GBが67,800円、128GBが78,800円。

 iPad mini 3などのA7プロセッサからA8プロセッサとM8モーションコプロセッサへと強化。性能は従来比で30%向上、グラフィックス性能は60%向上した。また、7.5mmから6.1mmへと薄型化も図られている。

 ディスプレイは7.9インチ、解像度は2,048×1,536ピクセルのRetina、カメラは800万画素/120万画素で、メインカメラはスローモーション撮影にも対応した。IEEE 802.11a/b/g/n/acでMIMOに対応、Bluetooth 4.2をサポート。Touch ID(指紋認証)のほか、気圧計なども備える。バッテリー駆動時間は最大約10時間。本体サイズは幅203.2mm×高さ134.8mm×奥行6.1mm、重量298.8g(Wi-Fi+セルラーモデルは304g)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top