ゲームでネットリテラシーを啓発、グリー『魂の交渉屋とボクの物語』公開 | RBB TODAY

ゲームでネットリテラシーを啓発、グリー『魂の交渉屋とボクの物語』公開

ブロードバンド その他

『魂の交渉屋とボクの物語 - Soul Negotiator -』イメージビジュアル
  • 『魂の交渉屋とボクの物語 - Soul Negotiator -』イメージビジュアル
  • プレイ画面イメージ
  • 交渉屋アシル役のKENN
  • 交渉屋リディカ役の下村実生
  • 左:グリー田中良和会長、右:監修を務めた千葉大学教育学部の藤川大祐教授
 グリーは8日、スマートフォンやインターネットの安心安全な利用方法を楽しみながら学べるスマホアプリ『魂の交渉屋とボクの物語 - Soul Negotiator -』を公開した。iOS版/Android版が無料でダウンロード可能。

 『魂の交渉屋とボクの物語』は、「言葉の勘違い」「既読無視」「不適切投稿」「出会い」「長時間利用」など、スマートフォンやインターネットの利用時に起こるトラブルを題材とした、ゲームスタイルのアプリ。主人公である“キミ”は、クラスメイトの魂を救うため、“魂の交渉屋”に従い選択を重ねることとなる。さまざまな人物が登場し、選択によって、エンディングも変化するという。物語の鍵となる魂の交渉屋のキャラクターボイスはKENN、下村実生(フェアリーズ)が起用されている。

 アプリは、スマートフォンを持ち始める中学生を想定しており、情報モラルの啓発を目的としている。ゲームを通して、ネットの安心安全な利用方法について自然に考える内容となっており、ネットリテラシーの向上が期待できるという。生徒がひとりで楽しめるほか、教育現場での教材、親子の会話の題材として活用することもできるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top