【IFA 2015】東芝、12.5型で世界初となる4K液晶搭載ノートPC「Satellite Radius 12」発表 | RBB TODAY

【IFA 2015】東芝、12.5型で世界初となる4K液晶搭載ノートPC「Satellite Radius 12」発表

IT・デジタル ノートPC

12.5型で世界初となる4K液晶搭載ノートPC「Satellite Radius 12」
  • 12.5型で世界初となる4K液晶搭載ノートPC「Satellite Radius 12」
  • 液晶部が360度回転し、タブレットのように使える2in1ノートPC
  • USB 3.1 Type-Cも装備する
 東芝は2日(現地時間)、IFA 2015のプレスカンファレンスで12.5型で世界初となる4K解像度の液晶を搭載したWindows 10ノートPC「Satellite Radius 12」を発表した。発売は2015年第4四半期の予定で、価格は未発表。

 「Satellite」は海外向けPCブランドで、「Satellite Radius 12」は12.5型では世界初という4K解像度(3,840×2,160ピクセル)の液晶を搭載した。液晶部が360度回転し、タブレットのように使える2in1ノートPCだ。

 ディスプレイは12.5インチIPS液晶(フルHD1,920×1,080ピクセルモデルもラインナップされている)、OSはWindows 10、プロセッサはSkylake世代のCore i7、メモリ8GB、ストレージは512GBという仕様になっている。

 Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」をサポートし、ウェブカメラまたは指紋センサーでログインが可能。インターフェースとしてUSB 3.1 Type-C、USB 3.0×2、HDMI出力を装備するほか、IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0をサポートする。本体サイズは幅299.5mm×高さ209mm×奥行15.4mm、重量は1.32kg。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top