フォーミュラEセーフティーカーのワイヤレス給電システム、今季は2倍にパワーアップ | RBB TODAY

フォーミュラEセーフティーカーのワイヤレス給電システム、今季は2倍にパワーアップ

 米クアルコムは米国時間25日、「FIAフォーミュラE選手権(第2シーズン)」で使用されるセーフティーカー「BMW i8」に、Qualcomm Halo 7.2kWワイヤレス給電システムを搭載することを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
「フォーミュラE」で使用されるセーフティーカー
  • 「フォーミュラE」で使用されるセーフティーカー
  • 「Qualcomm Halo」紹介サイト
 米クアルコムは米国時間25日、「FIAフォーミュラE選手権(第2シーズン)」で使用されるセーフティーカー「BMW i8」に、Qualcomm Halo 7.2kWワイヤレス給電システムを搭載することを発表した。

 「フォーミュラE」は、電気自動車によるフォーミュラカーレース。クアルコムが設立およびテクノロジーパートナーとして参加している。その第2シーズンが10月17日に北京で開幕。レース先導車である2台のBMW i8は、Qualcomm Halo 7.2kWワイヤレス給電システムによって、遠隔で充電されるという。

 「Qualcomm Halo 7.2kWワイヤレス給電システム」は、昨シーズンも利用されていたが、3.6kWのシステムだった。今シーズンは2倍の7.2kWにパワーアップしたことで、半分となる約1時間で車両をフル充電することが可能とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top