【今週のエンジニア女子 Vol.10】後発でも活躍できる世界……安未奈さん | RBB TODAY

【今週のエンジニア女子 Vol.10】後発でも活躍できる世界……安未奈さん

エンタープライズ その他

安未奈さん【写真:米玉利朋子】
  • 安未奈さん【写真:米玉利朋子】
  • デスクにて【写真:米玉利朋子】
  • デスクにて【写真:米玉利朋子】
  • 安未奈さん【写真:米玉利朋子】
  • 安未奈さん【写真:米玉利朋子】
 今週は、リクルートテクノロジーズの安未奈さんにご登場いただきました。

-- 現在どのような業務を行っていますか?

 リクルートマーケティングパートナーズ提供のサービス「ゼクシィ」のスマホネイティブアプリの開発です。このアプリは、式場検索がメインのアプリ開発だったのですが、現在は式場選びだけでなく、結婚に役立つ様々な知識や機能を花嫁に日常的に提供できるよう、索軸となる編集コンテンツやパーソナライズのアルゴリズムを詰め込み、昨年大幅にリニューアルしました。リニューアル後は、編集チームやUX/分析チームと連携しながら、改善開発に携わっています。

-- そういった業務の中でご自身が大事にしている点や気をつけていることはなんですか?

 機能を作り上げることがゴールではなく、ユーザーに価値を届けることをゴールにす
ることです。これはとても当たり前のことなのですが、私の場合は、開発が複雑で長期化すればするほど意識しないと、制作方法やディティールが気になり始め、アウトプットがぶれがちになっちゃうんですよ(笑)。開発が複雑になるほど、機能を作ることがゴールと勘違いしてしまうなと感じています。ゼクシィアプリの開発は事業会社の企画者と新機能案の壁打ちすることから始まりますが、その機能をリリースすることでユーザーにどんな価値が届けられるのか、定量・定性的なゴールをすり合わせてから開発を進めることを心がけています。

-- エンジニアを目指したきっかけを教えてください

 エンジニアと働いているうちに憧れを持ち、自分でもやってみたいと思うようになりました。前職はSIerで、開発標準に従って上流工程を整理し、課題を管理するといったプロジェクトを動かす側の仕事をしており、扱うプロジェクトの規模がどんどん大きくなっていくんだろうなぁと、先が見えた気がしてしまったんです。そうではなく、小回りが利きスピーディーな部隊で何でもやりたいという気持ちがあったので、転職を決意しました。

-- エンジニアに転職してよかったですか?

 IT業界の仕事は、変化が激しいフェーズにあるサービス、機能なので、後発で参入し
ても活躍できることだと思います。ITってそこが面白いなと。技術のトレンドの移り変わりが激しいので、やる気と根性があればやれるかなと思いいます。半年で技術が古いものになっていきますしね。

-- どういった方がエンジニアに向いていると思いますか?

 変化に対して前向きにキャッチアップし続けられる人ですね。apple/google等のOSのプラットフォーマーは短いサイクルでバージョンアップをしますし、プログラムの言語仕様も日々進化するので、その変化を楽しみながら勉強する姿勢が求められると思います。

-- 今後はどのようなエンジニアを目指していきたいですか?もしくはどのように仕事をしていきたいか教えてください

 成熟フェーズのサービスを比較的多くのメンバーと連携を取りながら開発することが多いので、開拓フェーズのサービスを少人数で企画~開発~運用まで担当してみたいです。その為にも、幅広い開発の知見を身に付けたいです。


■ ひとくちメモ

Q.貴方のビジネスツールで自慢の、またこだわりのあるものを教えてください
A.Qiita:TeamとKobito。Qiita:TeamはスマデGの関連案件がすべて整理されていて重宝しています。マークダウンで書けるので情報を構造化しやすいのがうれしいです。

Q.好きなプログラミング言語とその理由
A.JavaScript/PHP。業務ではスマホネイティブアプリ(ObjectiveC)開発しか携わったことがないため、webアプリ開発もできるようになるように最近勉強を始めたところです。新しい言語だけでなくデザイン面に関する書籍を読んだり、Webデザイン系学校に通っています。

Q.お仕事帰りに寄るお店とおすすめメニュー
A.牛かつもと村の「牛かつ麦飯セット」。開発メンバーとさくっとご飯を食べて帰る時によく行きます。

Q.理想の男性像
A.良い意味で野心がある人。「こうありたい」という強い思いとそれに向かって努力している人がかっこいいなと。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top