茨城県警、ひたちなか市で発生したコンビニ強盗事件の犯人画像を公開 | RBB TODAY

茨城県警、ひたちなか市で発生したコンビニ強盗事件の犯人画像を公開

ブロードバンド セキュリティ

犯人は左胸に「D」の文字が入ったスウェットを着用。顔を深く隠して特定は困難だが、衣類や容姿からの早期解決が期待される(画像は茨城県警のwebより)。
  • 犯人は左胸に「D」の文字が入ったスウェットを着用。顔を深く隠して特定は困難だが、衣類や容姿からの早期解決が期待される(画像は茨城県警のwebより)。
  • 茨城県警のwebで公開捜査を行う「未解決凶悪事件」を見ると、強盗事件の検挙率がかなり高い。公開捜査の影響力がよく分かる(画像は茨城県警のwebより)。
 茨城県警は、17日にひたちなか市西光地2丁目で発生したコンビニ強盗事件の防犯カメラ映像を公開している。

 17日午前0時28分頃、ひたちなか市西光地2丁目のローソンひたちなか東石川西古内店で強盗事件が発生した。犯人は従業員に刃物を突き付けて脅迫し、現金31,000円を奪って逃走したというもの。

 防犯カメラに録画された犯人の映像は、黒色フード付スウェット上下といった姿で、灰色のネックウォーマーで顔を深く隠している。中肉で身長160cm前後、年齢は20~40代と思われる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top