GENKING、元彼はおぐねぇーだった……10年ぶり涙の和解 | RBB TODAY

GENKING、元彼はおぐねぇーだった……10年ぶり涙の和解

 「やーよ」のフレーズで知られるオネエタレントでマルチクリエイターのGENKINGの元恋人が、“おぐねぇー”ことヘアメークアーティストの小椋ケンイチ氏であることがわかった。

エンタメ その他
小椋ケンイチ(左)
  • 小椋ケンイチ(左)
 「やーよ」のフレーズで知られるオネエタレントでマルチクリエイターのGENKINGの元恋人が、“おぐねぇー”ことヘアメークアーティストの小椋ケンイチ氏であることがわかった。13日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話 2時間SP」で、10年ぶりの再会が実現した。

 同番組でGENKINGは「感謝してもしきれない元彼」の存在を告白。出会いは10年前、名古屋。偶然出会った東京で働く年上のヘアメークアーティストに惹かれたGENKINGは、上京を決断。同棲生活がスタートした。彼はGENKINGにバッグのリメイクを勧めたりと、アーティストとしての才能も引き出してくれた。また、小さい頃から憧れていた芸能界入りの夢を後押ししてくれたのも彼なのだという。

 だが同棲から半年、俳優を目指すもなかなか上手くいかないGENKINGと、GENKINGを思うからこそ厳しい言葉をかける恋人はしだいにギクシャクし始める。そして2カ月後、GENKINGはなにも言わず彼のもとを去り、そこから連絡も一切とらず。イベントなどで何度か遭遇することはあったものの、気まずくて避けてしまっていた。

 GENKINGは、「会って謝りたい。でもそのきっかけがなくて……」と語る。すると、その元彼、小椋氏がサプライズ登場した。10年ぶりの再会にGENKINGも小椋氏も思わず涙。

 GENKINGは「今の僕がテレビに出てるのも、きっかけを作ってくれたのも、おぐねぇーがいたから。本当にありがとうございます」と頭を下げた。逆に小椋氏は「僕が芸能界に引きずり込んでしまったから、すごく責任を感じていた部分があった」と明かす。小椋氏は「もうあの頃には戻れないけど、これからまたふたりで笑ったり、将来の夢を語り合ったりしよう」と手紙を読み上げ、ふたりは抱擁。和解を果たした。
《原田》

関連ニュース

特集

page top