プラネタリウム「満天」がリニューアル、新開発「Infinium Σ」第一号機を導入 | RBB TODAY

プラネタリウム「満天」がリニューアル、新開発「Infinium Σ」第一号機を導入

ブロードバンド その他

プラネタリウム「満天」リニューアル後のイメージ
  • プラネタリウム「満天」リニューアル後のイメージ
  • 「Infinium Σ」外観
 コニカミノルタは30日、「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」(東京・池袋)について、9月1日から約3か月間休館し、12月にリニューアルオープンすることを発表した。

 リニューアルにあたっては、「静寂な漆黒の闇に輝く星空」の再現を目指し、新開発の光学式プラネタリウム「Infinium Σ(インフィニウム シグマ)」の第一号機を設置する。「InfiniumΣ」は、シャープな星空、奥行きのある天の川などが特徴。機械音を抑え静音性も向上している。使用電力は、LED光源を使用することで、従来の半分以下になった。

 あわせて、音響システムも刷新。スクリーン裏側に6個のスピーカーと2個のサブウーファーを配置し、プラネタリウム専用のサラウンド音響を実現するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top