未完のヒットラノベ『ゼロの使い魔』が続巻刊行決定……作者の遺したプロットもとに | RBB TODAY

未完のヒットラノベ『ゼロの使い魔』が続巻刊行決定……作者の遺したプロットもとに

エンタメ その他

 作者のヤマグチノボルさんが2013年にがんで亡くなったため未完だったライトノベル『ゼロの使い魔』が、ヤマグチさんの遺したプロットをもとに続巻を刊行することが決定した。同作品の公式サイトで発表された。

 『ゼロの使い魔』シリーズは、平凡な高校生・平賀才人が異世界に飛ばされて、魔法学院の生徒・ルイズの使い魔になったことから始まるファンタジー。4回アニメ化されるほどヒットし、現代のラノベブームに一役買った作品といわれている。だが作者のヤマグチさんが2013年、がんのため41歳で逝去。同シリーズは20巻で絶筆となった。

 しかし6月25日、『ゼロの使い魔』公式サイトで、続巻刊行決定の発表が編集部からされた。ヤマグチさんは残り2巻ぶんのプロットを遺し、編集部に完結を託していたのだという。それが誰かはまだ明かされていないが、ヤマグチさんは亡くなる1カ月前に「編集部から提案した候補の方に続巻の執筆を託すことを依頼」したと伝えられている。ライトノベルレーベル・MF文庫Jの前編集長は「さまざまご意見はあると思いますが、どうか温かく見守っていただければ、こんなに有り難いことはありません」とファンに呼びかけた。
《原田》

関連ニュース

特集

page top