ドコモ、タブレットと連携する“ガラホ”「AQUOSケータイ SH-06G」を26日に発売 | RBB TODAY

ドコモ、タブレットと連携する“ガラホ”「AQUOSケータイ SH-06G」を26日に発売

 NTTドコモは、2015年夏モデルとして発表したフィーチャーフォン「AQUOSケータイ SH-06G」を26日に発売する。OSにAndroidを搭載し、タブレットと連携する機能を備える。

IT・デジタル スマートフォン
26日に発売される「AQUOSケータイ SH-06G」ブルーグリーンモデル
  • 26日に発売される「AQUOSケータイ SH-06G」ブルーグリーンモデル
  • 「AQUOSケータイ SH-06G」ホワイトモデル
  • 「AQUOSケータイ SH-06G」ブラックモデル
 NTTドコモは、2015年夏モデルとして発表したフィーチャーフォン「AQUOSケータイ SH-06G」を26日に発売する。OSにAndroidを搭載し、タブレットと連携する機能を備える。カラーはBlue Green、Black、Whiteの3色が用意される。

 3.4インチディスプレイ(540×960ピクセル)、500万画素カメラを搭載し、OSにAndroidを採用したいわゆる“ガラホ”。画面はタッチ対応ではないが、キー全体を指でなぞって操作ができる「タッチクルーザーEX」も装備する。Google Playには非対応だが、LINEはアプリが用意され利用可能。

 タブレットとの連携機能「PASSNOW」を内蔵しており、画面で表示している写真をタブレットに転送したり、カバンの中にあるケータイの電話着信を手元のタブレットに通知できる。ワンセグ、赤外線通信、防水機能を装備し、バッテリは1410mAh。本体サイズは幅51mm×高さ112mm×奥行16.4mm、重さは約123g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top