ニコラス・ケイジも絶賛、“伝説のスタントマン” 監督が描くジャンボ機アクション! | RBB TODAY

ニコラス・ケイジも絶賛、“伝説のスタントマン” 監督が描くジャンボ機アクション!

エンタメ 映画・ドラマ

『レフト・ビハインド』ヴィク・アームストロング監督と主演のニコラス・ケイジ
  • 『レフト・ビハインド』ヴィク・アームストロング監督と主演のニコラス・ケイジ
  • 『レフト・ビハインド』場面写真
  • 『レフト・ビハインド』場面写真
  • 『レフト・ビハインド』場面写真
 ハリウッドの“伝説のスタントマン”とも呼ばれる映画監督、ヴィク・アームストロング作のパニック・アクション映画『レフト・ビハインド』が近日公開される。主演のニコラス・ケイジは「ヴィクならパニック・アクション映画の中に愛を盛り込める」と監督を絶賛している。

 『レフト・ビハインド』は、全世界で同時に数百万を超す人間が忽然と姿を消し、地上が未曽有の混乱に陥るところから始まる。その恐ろしい現象は高度30,000メートルのジャンボジェット機でも起きていた。管制塔との連絡が途絶え、機内は大パニックを起こす中、パイロットのレイ(ニコラス・ケイジ)が残された乗客の命を守るべく、命がけの着陸に挑む。

 監督のヴィクは、ハリウッド大作を影で支える“伝説のスタントマン”でもある。『インディ・ジョーンズ』シリーズではハリソン・フォードのスタントを務め、『ターミネーター2』『トータル・リコール』等、名作アクションと呼ばれる200本以上の作品でスタント・コーディネーターとしてアクションシーンを手掛けてきた。監督デビューは1993年の『バニシング・レッド』。カーアクションのリアルさや、銃撃戦の大胆さが高く評価された。その後『007』シリーズでスタント・コーディネーターを務め、カーチェイスやカーアクションを極めたヴィクは、この『レフト・ビハインド』で、ついにジャンボジェット機アクションにまで手を出した。操縦士が消失してしまった別飛行機との接触シーンは、ヴィクならではのアクションが冴える見どころだ。

 今作で主演を務めるニコラスはヴィクについて、「ヴィクは偉大な監督だ。プロ意識がとても高いし、人格者でもある」と称える。また、「ヴィクとは今作への情熱を語り合った。ヴィクの話に刺激を受けた。その後、撮影を始める際、ヴィクは作品全体のイメージや、アクションシーンをどんなふうに描きたいか、絵コンテを使って説明してくれた。すべての指示が的確だった。だからヴィクなら安心してついていけると思った。本作にぴったりの監督だと確信したよ」と、信頼を寄せてもいる様子だ。さらに、「ヴィクならパニック・アクション映画の中に愛を盛り込めると思ったんだ。彼は愛のある男だからね」と絶賛もしている。

 『レフト・ビハインド』は6月27日から日本全国で公開される。
《》

関連ニュース

特集

page top