地上波テレビ×ネット動画配信の可能性とは?……フジテレビが米大手Netflixにテラスハウス続編などコンテンツ提供へ | RBB TODAY

地上波テレビ×ネット動画配信の可能性とは?……フジテレビが米大手Netflixにテラスハウス続編などコンテンツ提供へ

ブロードバンド 回線・サービス

フジテレビ常務取締役の大多亮氏と、Netflix代表取締役社長のグレッグ・ピーターズ氏
  • フジテレビ常務取締役の大多亮氏と、Netflix代表取締役社長のグレッグ・ピーターズ氏
  • 『テラスハウス』の続編となる『TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING(仮)』が発表
  • 本日13時より新メンバーの募集を開始したテラスハウス
  • 新作テレビドラマの『アンダーウェア(英題Atelier)』
 フジテレビジョンは17日、ネット動画配信サービス「Netflix」へのコンテンツ提供に関する記者発表会を開催した。

■Netflixとパートナー締結、その理由は?

 Netflixはアメリカを拠点に世界50か国で6200万人の会員に利用されている、世界最大規模のネット動画配信事業者。映画やテレビドラマ、コメディ、ドキュメンタリーなどに加え、自社制作したコンテンツなどを月額定額制で提供している。

 発表会にはフジテレビ常務取締役の大多亮氏と、Netflix代表取締役社長のグレッグ・ピーターズ氏が登壇した。今回のコンテンツ配信について、大多氏によるとオファーがあったのは約1年前のことだという。

 「Netflixは10代から20代の若者層を狙っているのですが、そういう層はフジテレビの守備範囲としているところもあって、今回のパートナーシップにつながりました。彼らがドラマを得意としていることもあり、まずは日本市場に向けたドラマ作りというところから話がスタートしたんです」(大多氏)

 そのなかで今回、Netflixに提供するコンテンツとして発表されたのが新作テレビドラマの『アンダーウェア(英題Atelier)』。そして、リアリティショー『テラスハウス』の続編となる『TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING(仮)』だ。

 「『テラスハウス』は日本の大ヒット番組で、ファンも非常に楽しみにしていると聞いている。若い層がネットを通じてみたいと思う番組だと感じました。我々にとっては新しいジャンルに挑戦するチャンスとなり、日本のコンテンツを世界に発信していくいい機会になる。将来的に広げていきたいジャンルですし、今後はロケーションを変えたりといった展開もありえるのではないでしょうか。また、『アンダーウェア』は、日本の視聴者が何を求めているかを考えながら作った番組です。今後はこういうコンテンツをもっと増やしていきたいですね」(ピーターズ氏氏)

 一方、大多氏は『テラスハウス』が、インターネットと高い親和性を備えていることについて言及している。

「この番組を配信しないかと話を持ちかけたのは、ネット配信事業のNetflixにとってインパクトがあると思ったからです。YouTubeでの再生数が2億回を超え、13年のYahoo!検索ランキングテレビ部門で3位になるなど、ターゲットが狭い番組にも関わらず、高い支持を集めています」(大多氏)
《丸田》

関連ニュース

特集

page top