男性が女性にセクシーさを感じる部分は「癒し」……女性タレントイメージ調査 | RBB TODAY

男性が女性にセクシーさを感じる部分は「癒し」……女性タレントイメージ調査

エンタメ 調査

女性タレントの認知度ランキングの1位はベッキー
  • 女性タレントの認知度ランキングの1位はベッキー
  • 女性タレントの好感度ランキングの1位は綾瀬はるか
  • 女性タレントの好感度ランキングを回答者の性別でランキング
  • 女性タレントのセクシー度ランキングの1位は深キョン
  • 女性タレントのセクシー度ランキングを回答者の性別でランキング
  • 男性が感じる女性タレントのセクシーの要素
  • 女性が感じる女性タレントのセクシーの要素
  • 女性タレントに感じるイメージ(世代別)
 イードが実施した、女性タレント20名のイメージ調査の結果、好意度No.1は綾瀬はるかとなった。また、綾瀬にセクシーさを感じるかどうかを男女別に調査したところ、性別によって「セクシー」のとらえ方に違いがあることがわかった。

 イードのリサーチ事業本部が実施した、「有名女性タレント20名(当社選び)に対するイメージ調査」は、20代以上の男女650名を対象にしたもの。好感度のランキングを算出したほかに、コレスポンデンス分析を実施してタレントの持つイメージの類似性や相関性を、視覚的にとらえられるようにした。なお調査では、タレントの写真を提示せずに名前だけで調査を実施し、特定の写真のイメージを受けないようにした。


■認知度No.1は、バラエティ番組のベッキー、好感度はドラマの綾瀬はるか

 どれだけ多くの人に知られているかの指標として認知度を算出したところ、男女総合の1位はベッキー(93.2%)、続いて上戸彩(92.9%)、仲間由紀恵(92.7%)となった。

 回答者の性別で比較すると、男性よりも女性のほうが女性タレントの認知度が高い傾向があり、より芸能人の名前を知っている傾向があった。タレントの名前がどうしても思い出せないときは、身近な女性に聞くとすぐに解決しそうだ。

 好きな女性タレントは、男女総合では1位が綾瀬(22.2%)、2位が堀北真希(17.5%)、3位が深津絵里(16.1%)となった。しかし、性別で好感度が異なり、男性人気が高かったのは2位の堀北で、男性が22.9%、女性が12.8%と、性別で10.1ポイントの差があった。一方、総合で3位の深津は女性人気が高く、女性22.5%に対して男性は8.3%と、14.2ポイントの差があった。中でも堀北は、30代女性が「好き」と答える率が多かった。また、総合1位の綾瀬は、男性、女性どちらからも20%以上の支持を集めており、安定した好感度を保っていることが1位につながった。同性にも異性にも好かれる女性になりたいなら、綾瀬を目標にするといいようだ。


■セクシー度No.1は、『セカンド・ラブ』の深キョン、セクシーの尺度は男女で異なる

 セクシー度、1位は深田恭子(20.5%)、続いて2位は米倉涼子(19.1%)、篠原涼子(13.7%)だった。セクシー度は、回答者の性別と対象となるタレントとの組み合わせで感度が異なる傾向がある。特に、男女差があったタレントは綾瀬で、男性11.9%に対し、女性は4.2%と、男性の方が7.7ポイント高い結果だった。これは男女で「セクシー」の捉え方が違うことを示唆している。

 セクシーの要素を追求するために、類似性の高い項目が原点から同じ方向にプロットできる、コレスポンデンス分析を使って男女別のイメージマップから検討すると、男性も女性も、綾瀬に対して癒しのイメージを感じていた。しかし、男性は「癒しを感じる」と「セクシー」が類似したイメージとなっていることに対して、女性は「癒しを感じる」と「セクシー」が異なったイメージだった。綾瀬に対する評価の違いは、この違いに起因していた。


■沢口靖子は、朝ドラヒロインから『科捜研の女』へ世代によって受けるイメージが異なる

 タレントとタレントの持つイメージは、世代によって異なる傾向も見られた。深田の「癒しを感じる」、ローラの「明るい、楽しい」、岩下志麻の「風格がある」は、全世代で共通のイメージがあった。しかし、沢口靖子のイメージは世代ごとに異なっており、60代以上は「癒しを感じ」、40-50代は「きれい」ととらえる。また、30代には「品のある」というイメージを持たれていた。芸能界での活動内容と視聴世代の違いによるタレントイメージの変化は、優香や小泉今日子にも見られた。

 優香は、20代と60代以上には「親しみやすい」、30代と50代には「かわいい」、40代には「天然な」とイメージされている。また、小泉は、60代の「明るい、楽しい」イメージが、50代、40代、30代では「個性的な」となり、さらに20代では「面倒見のよい、かっこいい」と変化した。
《RBB TODAY》

特集

page top